ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自動車取得税

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月26日更新

 この税金は,自動車の取得に対して課税されるものです。
 平成20年度までは,その収入が道路の新設,補修等すべて道路に関する費用にあてられる目的税でしたが,平成21年度からは普通税として位置付けられています。
 また,この税金の約66.5%は,市町村に交付されます。

 

納める人

 自動車又は軽自動車を取得した人です。
 ただし,割賦販売等で売主が所有権を留保しているときは買主です。

納める額

自動車区分と税率の表
区分税率
軽自動車以外の自動車自家用取得価額の3%(平成26年4月1日から)
営業用取得価額の2%
軽自動車取得価額の2%

 取得価額には,エアコン,ラジオ等のように自動車と一体となっているものの価額も含まれます。
 電気自動車,ハイブリッド自動車などの低公害自動車については税率の軽減制度があります。

免税点

 取得したときの価額(課税標準額)が50万円以下のときは,この税金は課税されません。

減免

 身体障害者等の生業等のために専ら使用される自動車の取得については,一定の要件に該当すればこの税金が減免されます。
 自動車税・自動車取得税の身障減免制度についてはこちらをご覧ください。 

申告と納税

  • 自動車を取得した人が運輸支局に新規登録等の申請の際,仙台中央県税事務所に申告し,納めることになっています。
  • 申告を代理人に依頼したときは,必ず申告書控を受け取り,住所,納付税額等を確認しましょう。

様式

 自動車税・自動車取得税に関する様式等についてはこちらをご覧ください。

課税標準額及び税額の照会

 問い合わせ先 仙台中央県税事務所扇町出張所 Tel:022-232-5702