ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 不正軽油に関わる人は罰せられます

不正軽油に関わる人は罰せられます

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 地方税法の改正(平成18年6月1日)により,不正軽油に関わるすべての人が罰則の対象となりました。
 これにより,不正軽油の原料になると知りながら灯油・重油・薬品等を運んだり,不正軽油の製造に使われることを知りながら資金・土地・建物・車両・機械等を提供するというケースでも罰せられることになります。
 宮城県不正軽油防止対策会議(事務局:宮城県税務課)では,法改正に対応したチラシを作成しましたのでご覧ください(PDFファイルです)

 不正軽油チラシ表面不正軽油チラシ裏面

不正軽油に関する情報をお待ちしています。

 次のような情報がありましたら,お気軽に宮城県税務課(宮城県不正軽油110番:電話022-211-2324)又は各県税事務所までご連絡ください。

  • 不正軽油を製造しているようだ。
  • 深夜・早朝にロゴのない不審なタンクローリーが出入りしている。
  • トラックやダンプカー等の燃料として,灯油や重油を販売している。
  • 安い軽油を購入したが,色がおかしい,車の調子が悪い,排気ガスが異常だ。
  • 免税軽油を自動車の燃料など決められた用途外に使用している。


 不正ガソリンに関する情報等については,国税庁ホームページをご覧ください。 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)