ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

多重債務に陥らないために

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月29日更新

多重債務

昨今、インターネットを利用した取引が広がり、お金もインターネットでいつでもどこでも簡単に借りられる時代になりました。
大変便利な反面、購買意欲につられて安易に借りすぎてしまったり、ヤミ金や名義貸しなどのような悪質な取引に巻き込まれてしまったりして多額の借金を背負い、返済に行き詰まる消費者も少なくありません。
このページでは、多重債務に陥ってしまった時の解決方法と陥らないためのポイントを紹介します。

多重債務とは

借金やクレジットカードなどの返済額が増えて支払いができない状態になることをいいます。

多重債務に陥るきっかけ

  • 予期せぬ病気や事故などで仕事を辞めなくてはならなくなり、稼ぎがなくなった
  • 知人の借金の連帯保証人になり、連鎖的に借金を背負ってしまった
  • 無計画にクレジットカードで買い物をしすぎてしまった
  • ギャンブルの穴をちょっとの間埋めようという軽い気持ちで使いすぎてしまった
  • 借金返済のために新たな借金を繰り返し、自転車操業状態になってしまった

サラ金やクレジットカードでのキャッシングは、簡単にお金を借りることができるため便利ですが、高金利(高手数料)なうえ、元本や利息の支払いが1ケ月ごとというものが多く、返済に行き詰まり、返済のための借金を繰り返すことで利息が利息を生み、急激に負債が膨らんでしまいます。

もしも多重債務に陥ってしまったら

どんなに多額の債務(借金)をかかえていても、必ず解決する方法があります。
消費生活センターでは、債務整理の方法と、債務整理の窓口を紹介していますできます。
一人で悩まず、ぜひ相談してください。

多重債務の解決法

(1)任意整理

弁護士や司法書士を介して債権者(消費者金融やクレジットカード会社、信販会社など)と話し合いを行い、今後の返済方法を決める手続きです。


(2)特定調停

簡易裁判所に申し立てをし、調停委員を介して債権者と返済計画を決定していきます。


(3)個人再生手続き

裁判所に申し立てを行い、返済すべき債務額を民事再生法の定める方法により減額し、3年間(特別な事情があれば5年以内)でその減額した債務を分割で返済すれば残りの債務額は免除される方法です。


(4)自己破産

裁判所に破産手続き開始及び免責許可の申立をすることをいいます。
免責されると、借金の返済義務がなくなります。
※免責されると、官報に住所氏名が告示されますが、選挙権が制限される、戸籍に残るといったことはありません。

(1)~(4)の手続きを取ると・・・

信用情報機関へ手続きした事実が一定期間登録されます。
詳しくは仙台弁護士会の多重債務無料相談のページをご覧ください。

多重債務に陥らないために

  1. 借金してまで買う必要があるものなのかよく考える
    それ、本当に必要ですか?
  2. 収入・返済の見通しを持って計画的にお金を使う
    自分の収支の状況を確認し、生活設計をしっかり立てましょう。
    不意の病気や事故などの場合でも慌てないよう、余裕を持った生活を送りましょう。
  3. 何枚もクレジットカードを作らない
    複数のカードを使用すると、どのカードでいくら使ったか把握できず、使いすぎてしまう可能性があります。 
    かしこく利用しましょう。
  4. クレジットカードや名義を他人に絶対貸さない
    名義を貸して不正利用された場合、名義を貸した人が商品の代金や借金を支払わなくてはいけません。
  5. 借金を支払うための借金はしない!
    借金返済のためのその場しのぎの借金をすると、さらに借金が増えて返済額も増加してしまいます。
    返済が困難な状況に陥った場合は、早めに専門機関へ相談するようにしましょう。

相談窓口

  • 借金の問題で困っている・・・
  • どのように債務整理をしたらいいかわからない・・・

一人で悩まず、消費生活センターに相談してください!

宮城県消費生活センター
  電話:022-261-5161

  【受付時間】 平日:9時~17時  土日:9時~16時
  ※祝日・年末年始はお休みです。