ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県民の森

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年5月7日更新

県民の森・青少年の森



指定管理者について

 

県民の森の最新情報はこちら

 

施設のご案内

中央記念館 県民の森は、澄みきった青空と、緑豊かな郷土をつくるため、昭和44年に明治100年の記念事業として開園し、年間約25万人の人々に利用されています。
 仙台市街地と隣接しながらも、遠くに蔵王連峰や太平洋が望め、また豊富な動植物史跡にも恵まれており、今では私たち県民の自慢の財産となりました。
 この豊かな環境の中で、散策に、レクリエーションに、そして野外学習の場にと、思い思いの目的でゆっくりと自然に親しんでください。

 

 

 

県民の森

  • 中央記念館  パネル・模型等の展示、会議室、管理事務所等
  • 中央広場  芝生広場、ボール広場
  • 野外音楽堂  音響設備、野外席200~300席
  • 児童遊園施設  フィールドアスレチック26基・延長2,000m
  • 見本園  樹木園(ケヤキ外)、桜、サツキ、ヒノキ、湿地植物など
  • その他  オリエンテーリングコース・10km、遊歩道18路線、あずまや4棟など

 

青少年の森

  • 学習館  会議室、管理事務所
  • 「もりの学び舎」等展示館3棟  森林の働き・林業の歴史に関するパネル、模型の展示、コンピュータ図鑑
  • その他  新校倉式住宅1棟、生産の森、野鳥の森、自然観察道など

 

四季の森

 多様な樹種により見本園として整備。縄文、近世、弥生、もみ・いぬぶな、水辺、桂、早春賦、梅、山桜、ツツジ、楓、薬用樹林、和紙、野鳥、昆虫、県木(記念植樹)、はぎ苑、かしわ苑、芝生広場など、30種

  • 遊歩道  俳句イングコースとして、うづき(春)、はづき(夏)、ながつき(秋)など、13路線6,854mが整備されている。

 

ご利用のご案内

所在地(県民の森中央記念館・青少年の森管理事務所)

宮城郡利府町神谷沢字菅野沢41

開園時間

午前9時~午後4時(4月から10月は午後4時30分まで)

休園日

年末年始(12月29日~1月3日)

 

入園料

入園料は無料です。

 ただし、県民の森・青少年の森内で下表の施設を利用する場合、使用料が必要となります。使用申し込みは、あらかじめ県民の森中央記念館・青少年の森管理事務所へ申し込んで下さい。

 

施設の利用料金

1. 施設利用に係る利用料金については以下のとおり

○施設利用料金表
施設名規模(人)利用料金
   半日一日
県民の森中央記念館「第一会議室」20 人750 円1,500 円
中央記念館「第二会議室」40 人1,350 円2,700 円
野外音楽堂300 人1,100 円2,200 円
青少年の森森林学習館講義室80 人1,900 円3,800 円
一号展示館「木工等体験室」20 人1,500 円3,000 円
二号展示館「多目的ホール」40 人1,700 円3,400 円

2. 使用料金の減免について,次の各号に該当する場合は利用料金を減免する。

(1) 国・地方公共団体又は公共的団体が主催して使用する場合 2割

(2) 学校教育法第1条に規定する学校(大学を除く。)の児童及び生徒並びに,これらの引率者が教育課程に基づく学習活動として使用する場合 10割

(3) 社会福祉団体及び社会教育団体が主催して使用する場合 10割

交通案内

岩切コース

仙台市営バス岩切行,JR仙台駅さくら野百貨店前36番→(約30分)→今市橋下車→徒歩(約30分)→中央記念館
JR仙台駅→JR東北本線(約10分)→岩切駅→市営バス(約3分)→今市橋下車→徒歩(約30分)→中央記念館

鶴ケ丘コース

地下鉄八乙女駅3番→宮城交通バス鶴ケ丘ニュータウン行(約20分)→県民の森鶴ケ丘口下車→遊歩道(約20分)→中央記念館

お問い合わせ

宮城県環境生活部自然保護課

Tel022-211-2676
Fax022-211-2693

宮城県森林インストラクター協会

Tel022-255-8223
Fax022-255-8223

県民の森中央記念館

Tel022-255-8801

青少年の森管理事務所

Tel022-255-7084