ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県立自然公園船形連峰

印刷用ページを表示する 掲載日:2004年3月1日更新

船形山(画像)
 県立自然公園船形連峰は、船形山を主峰として、前船形山、蛇ケ岳、三峰山、後白髪山、泉ケ岳などの群峰を有する、広大な山岳公園です。
 多くの山々が織りなす、すぐれた山岳景観に加えて鏡ケ池、鈴沼、桑沼、白沼などの湖沼や大倉川の渓谷、色麻の大滝、三光宮の溶岩流、前森の風穴、さらに薬莱山や七ツ森の火山岩頭など、変化に富んだ特色ある風景地がたくさんあります。
 また、ハイマツ低木林、亜高山性落葉広葉低木林、ブナ低木林、ブナ林などの原生的な自然が残されており、豊富な植物を育んでいます。

 

 

 

 

 上画像:船形山

 

ブナ原生林(画像)

 

 動物は、高山獣のオコジョ、ニホンカモシカ(特別天然記念物)、ルリビタキ、モリアオガエル、ルリイトトンボなど、特色ある動物が多数生息しています。


右画像:ブナ原生林

 

 

 

七ツ森(画像)

 

 左画像:七ツ森