ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす共同参画社会推進課平成30年度復興・被災者支援を行うNPO等の絆力強化事業(委託事業)

平成30年度復興・被災者支援を行うNPO等の絆力強化事業(委託事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

NPO等の絆力を活かした復興支援事業(マッチング・交流事業)の企画提案を募集します。(公募型プロポーサル方式) 

1 事業の趣旨

 復興・被災者支援を行うNPO等が支援者や他の復興・被災者支援を行うNPO等との交流・情報交換により顔の見える関係を築くことで,復興・被災者支援を継続していくために必要となる絆力の強化を図ることを目的とします。

 なお,本委託業務は,国の「NPO等の「絆力(きずなりょく)」を活かした復興・被災者支援事業実施要領」中の復興・被災者支援を行うNPO等の絆力強化事業に位置付けて実施します。

 詳しくは,下記から「NPO等の絆力を活かした復興支援事業(マッチング・交流事業)企画提案募集要領」をダウンロードし,ご確認下さい。
   
2 企画提案書提出期限

 平成30年8月31日(金曜日)午後5時まで

3 募集要項等

 1. NPO等の絆力を活かした復興支援事業(マッチング・交流事業)企画提案募集要領 [PDFファイル/176KB] 

 2. NPO等の絆力を活かした復興支援事業(マッチング・交流事業)企画提案に係る仕様書 [PDFファイル/147KB]

4 質問への回答

  質問はありませんでした。

5 選定結果

  公益財団法人地域創造基金さなぶり  

NPO等の絆力を活かした復興支援事業(調査・提案)の企画提案を募集します。(公募型プロポーサル方式)

1 事業の趣旨

 東日本大震災からの復興支援や被災者支援に関して,NPO等(特定非営利活動法人,公益法人,一般社団法人及び任意団体等(以下「NPO等」という))が大きな役割を果たしており,今後も被災地の復興や仮設住宅等でのコミュニティ形成にNPO等の支援が期待されています。
 しかしながら,震災から7年が経過し,寄付金や助成金の減少,ボランティアの減少,他地域からの支援団体の撤退等の環境変化があり,NPO等の活動の継続に課題が生じていることから,NPO等が様々な主体との連携を強化し,持続的かつ自立した活動を行うための支援策が必要不可欠となっています。
 このことから,宮城県内のNPO等に対し,アンケート調査等の実施による実態把握を行い,その結果を基に,NPO等の絆力強化につながる支援策を立案するため,本事業を実施します。

 なお,本委託業務は,国の「NPO等の「絆力(きずなりょく)」を活かした復興・被災者支援事業実施要領」中の復興・被災者支援を行うNPO等の絆力強化事業に位置付けて実施します。

 詳しくは,下記から「NPO等の絆力を活かした復興支援事業(調査・提案事業)企画提案募集要領」をダウンロードし,ご確認下さい。

2 企画提案書提出期限

 平成30年8月31日(金曜日)午後5時まで

3 募集要項等

  1.NPO等の絆力を活かした復興支援事業(調査・提案事業)企画提案募集要領 [PDFファイル/179KB]

 2.NPO等の絆力を活かした復興支援事業(調査・提案事業)企画提案に係る仕様書 [PDFファイル/139KB]

(参考)先行調査

4 質問への回答

 質問はありませんでした。

5 選定結果

 特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるる


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)