ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報補助金等農林水産部【気仙沼・赤岩地区】JA山形中央会との意見交換会開催(住民活動支援ワークショップ続報)

【気仙沼・赤岩地区】JA山形中央会との意見交換会開催(住民活動支援ワークショップ続報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月12日更新

 気仙沼地方振興事務所では、気仙沼市赤岩地区における草刈り作業の負担軽減について、12月6日、JA山形中央会との意見交換会を開催しました(前回記事 : 【気仙沼・赤岩地区】草刈りデモンストレーションの開催 )。赤岩地区では、「農業者の不足・高齢化」や「急傾斜の法面(のりめん)」などの要因から草刈り作業が営農上の負担となっており、これらの対策・支援体制づくりを図るため、地域住民5名を含む関係者16名が山形県JAビル(山形市内)を訪れました。JA山形中央会は、山形県川西町高山地区における「草刈り隊」活動への支援事業等の取り組みが全国的にも注目されています。

意見交換会の目的地:山形県JAビル(山形市内)  意見交換会の様子。その1

会場:山形県JAビル(山形市内)                     意見交換会の様子

 意見交換会では、JA山形中央会側から支援の取組報告として「地域営農ビジョンのイメージ」「草刈り隊設立までの経緯」、「草刈り隊支援事業の内容」などについてご説明いただきました。

JA山形中央会による「草刈り隊」支援の取組説明  JA山形中央会による「草刈り隊」活動地域の状況説明

JA山形中央会職員による事業説明

 JA山形中央会では、「地域営農ビジョンのイメージ」について(1)話し合いを通じた「地域づくり」、(2)地域農業をリードする「担い手経営体づくり」、(3)多様な担い手を含めた地域ぐるみによる「産地づくり」、(4)地域で付加価値を教授できる「付加価値づくり」を総称した『4づくり運動』を推進しており、川西町高山地区における「草刈り隊」については、(1)話し合いを通じた「地域づくり」を地元の青年会の方々と進める中で設立されました。「草刈り隊」は川西町高山地区にとどまらず、山形県内複数の多面的機能支払交付金の対象地域において設立を目指しており、これらについても支援していく方針だそうです。

JA山形中央会側との質疑の様子(その1)  JA山形中央会側との質疑の様子(その2)

活発な意見交換が行われた質疑時間

 その後、質疑が行われ、活発な意見交換の場となりました。当方出席者からは草刈り隊についてその活動範囲やメンバー構成、支援方法、活動継続のための工夫などについてさまざまな質問・相談が寄せられ、JA山形中央会側からも状況説明や事業方針、解決に向けての考え方が示されるなど、双方にとって有意義な情報交換を行うことが出来ました。

 

【JA山形中央会より提供資料】

【JA山形中央会提供資料】地域営農ビジョン~イメージ例~  【JA山形中央会提供資料】「草刈り隊」支援事業について

地域営農ビジョン~イメージ例~ [PDFファイル/1.05MB]   「草刈り隊」支援事業・設立経緯について(×2枚) [PDFファイル/494KB]

 

【 次 回 に つ い て 】

 次回の住民活動支援では、これまでの活動成果について「とりまとめ」を行い、その後、成果発表会を開催します。

  開催時期 : H30年 1月~ 3月 (※ 予 定 )

  会 場   : 水梨子公民館

 

 ……次回、上記・成果発表会について続報をお知らせします。……

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)