ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす情報政策課みやぎICT・データ利活用推進プランについて

みやぎICT・データ利活用推進プランについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月19日更新

みやぎICT・データ利活用推進プランの概要

宮城県では,平成29年3月に「みやぎICT利活用推進プラン」を策定し,情報化に関する様々な取組を推進してきました。

平成28年12月に「官民データ活用推進基本法」が施行され,国が策定する「官民データ活用推進基本計画」に即した「都道府県官民データ活用推進計画」の策定が義務づけられました。

本県では,同法に対応させるとともに,データ利活用の視点を取り入れ,現行の「みやぎICT利活用推進プラン」を「みやぎICT・データ利活用推進プラン」と名称変更し,また,その内容を一部改定し,都道府県官民データ活用推進計画と位置づけることとしました。

基本目標

ICTとデータで実現する豊かなみやぎ

社会,経済,産業,教育などあらゆる分野において,ICT・データの利活用を通じて生産性の向上や地域の活性化を促し,県民だれもが,いつでも,どこでも快適・便利さを実感でき,豊かなくらしや地域の実現を目指します。

重点目標及び取組の方向性

  • 安全・安心なくらしの構築
    • 迅速かつ正確な情報提供と積極的な情報発信
    • 情報セキュリティ意識,情報リテラシーの向上
  • 快適・便利なくらしの構築
    • 新たな情報通信基盤の整備
    • 各分野におけるICT利活用の取組とその支援
  • 活力ある豊かな地域の構築
    • 情報サービス産業の振興
    • 地域経済の活性化
    • ICT人材の育成・確保
  • 行政運営の最適化
    • 行政手続きのオンライン化
    • スリムで費用対効果の高い,最適な行政運営

計画期間

平成29年度から平成32年度まで(4年間)

都道府県官民データ活用推進計画としての計画期間は平成31年度~平成32年度(2年間)

本編・資料編・概要版


意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)