ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす放射性物質汚染廃棄物対策室

放射性物質汚染廃棄物対策室

農林業系廃棄物の写真

業務案内

 福島第一原子力発電所事故に伴い,宮城県内は広く放射性物質により汚染されました。これに伴い使用できなくなった牧草や除染作業により発生した除染廃棄物等,県内大変多くの放射性物質汚染廃棄物が処理できずに保管されている状況が続いています。一時保管を強いられている保管者の負担は非常に大きく,早期処理に向けた取り組みを進めるため,国との調整や市町村支援等を行っています。

サイトマップ

これまでの検討の経緯

   ○宮城県指定廃棄物等処理促進市町村長会議等

 

農林業系廃棄物に関する疑問・質問
 宮城県の状況について

   ○放射性物質汚染廃棄物って何ですか?

   ○どうして処理が必要なの?

   ○宮城県にはどれくらいの量の汚染廃棄物があるの?

   ○どうやって処理するの?

   ○それぞれの処理方法

 焼却の安全性について

   ○農林業系廃棄物の処理は危ない?

   ○安全に処理した事例はあるの?

   ○農林業系廃棄物の焼却で放射性物質は広がらないの?

   ○バグフィルターが放射性セシウムを取り除く仕組みを教えて

   ○バグフィルターが放射性セシウムを除去した実績はありますか?

   ○焼却施設の安全対策はどうなっていますか?

   ○最終処分場の安全対策はどうなっていますか?

  よくある質問

   ○Q&A

 

環境モニタリングの状況

   ○試験焼却における環境モニタリングの状況

 

放射線の基礎知識

   ○放射性物質・放射能・放射線ってどう違うの?

   ○放射線の種類と特徴

   ○意外と身近な放射線

   ○放射線の人体への影響

   ○発がんリスクを比べてみよう

参考

   ○外部リンク

 

 

 


〒980-8570

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側

  • Tel:022-211-2647(対策班)

Fax:022-211-2390

メールでのお問い合わせはこちらから

対策班-放射性物質汚染廃棄物の処理の促進

関連情報