ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふるさと納税の使いみちについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月2日更新

寄附金の使いみちについて

  令和元年7月より,寄附金の使いみちをお選びいただけるようになりました!

  宮城県では,「ふるさとを応援したい!」という寄附者の皆様の思いを,寄附金の活用を通じて「カタチ」にしていきたいと考えています。

  「ふるさと宮城寄附金」は,以下の事業分野に活用していきますので,寄附の申し込みの際に,御希望の分野をお選びください。

 なお,皆さまからいただいた寄附金の活用状況については,毎年1回,ホームページで御報告いたします。

 

1) 東日本大震災からの復旧・復興応援

東日本大震災からの復旧・復興応援

 

サンドウィッチマン

東日本大震災で大きな被害があった宮城県。

被災地では生活インフラや復興まちづくりなどが着実に進んできました。一方で,被災者の心のケアや新たな地域コミュニティの形成,失われた販路の回復などソフト面での課題には,対策の強化だけでなく中長期的な対応が必要となっています。

県では,引き続き,被災者支援,教育支援,農林水産業支援,商工業支援,震災の記憶風化防止・教訓の伝承に取り組んでいきます。

 

●みやぎの復興情報はこちら

https://www.fukkomiyagi.jp/

●これまでの寄附金の活用状況についてはこちら

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/zaisei/kifu.html

〈主な使いみち〉

・住民主体の地域コミュニティ再生活動への助成

・県産農林水産物の安全性と消費拡大に向けた情報発信

・販路開拓に向けた商品開発等への助成

・大津波を後世に伝承する津波浸水表示板の設置 など

〈担当課〉

総務部 財政課 財政計画班
  TEL 022-211-2312
  http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/zaisei/                           

2) 地域をつなぐマイレール阿武隈急行線(あぶ急)応援

地域をつなぐマイレール阿武隈急行線(あぶ急)応援

阿武隈急行

阿武隈急行

阿武隈急行線は宮城県柴田町の槻木駅と福島県福島市の福島駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

近年,少子化等の影響により利用者が減少しており,厳しい経営が続いていますが,沿線自治体と連携して,利用を促進するための取組を行っています。

県では,角田市,柴田町及び丸森町が行う利用促進事業に対する支援を行っておりますが,そのための財源として寄附金を活用させていただきます。

多くの皆様からの寄附をお待ちしております。

 

●「阿武隈急行」の情報はこちら

http://www.abukyu.co.jp/

<主な使いみち>

・ウォーキングイベント「あぶQウォーク」への助成

・沿線の観光資源を活用したモニターツアーへの助成

・沿線施設と阿武隈急行のコラボ事業への助成

〈担当課〉

震災復興・企画部 総合交通対策課 交通対策班
  TEL 022-211-2436
  http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/soukou/                       

3) 日本一を目指すみやぎの「お米」応援

日本一を目指すみやぎの「お米」応援

稲穂

だて正夢とむすび丸

「お米は食べ分ける時代。だから,みやぎ米。」

美味しいお米は,ひとつじゃない!「みやぎ米」は,食べる方の好みにあった,様々な銘柄をラインナップ。その日の料理や気分によって,お米を食べ分けることを提案しています。

そんな「みやぎ米」に,新しい品種が登場しました。

とびきりの甘みともちもち感が強い「だて正夢」と,玄米で食べるために生まれた「金のいぶき」の2品種です。

この「だて正夢」や「金のいぶき」を積極的に生産拡大・PRすることで,宮城の農業の担い手を支援していきます。

 

●「だて正夢」の情報はこちら

https://www.datemasayume-miyagi.jp/

●「金のいぶき」の情報はこちら

https://www.kinnoibuki.jp/

〈主な使いみち〉

「だて正夢」「金のいぶき」の高品質・安定生産への支援

「だて正夢」「金のいぶき」の県外消費者へのPR活動

〈担当課〉

農政部 みやぎ米推進課 生産販売班
  TEL 
022-211-2841
     http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/noenkan/

4) ふるさと学校応援

ふるさと学校応援

 

ふるさと学校応援自動車関連

ふるさと学校応援農業関連

 

志を育み,復興から未来の創造へ向かう宮城県。

学校・家庭・地域の強い絆のもとで,多様な個性が輝き,ふるさと宮城の復興を支え,より良い未来を創造する高い志を持った,心身ともに健やかな子供を育てています。

県立の高校・特別支援学校の生徒たちに必要な物品の購入や文化関連の行事に関する取り組みの支援などを行います。

※個別の学校を指定することはできません。

 

●宮城県教育委員会の情報はこちら

http://www.pref.miyagi.jp/site/kyouiku/

〈主な使いみち〉

県立の高校・特別支援学校の授業で使用する教材の購入等

 

〈担当課〉

教育庁 高校教育課 管理運営班
  TEL 022-211-3623
  
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/koukyou/     

教育庁 特別支援教育課 企画管理班
  TEL 022-211-3714 
  
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/tokusi/                             

 5) 宮城県ゆかりの東京2020オリンピック・パラリンピック出場選手応援

宮城県ゆかりの東京2020オリンピック・パラリンピック出場選手応援
宮城スタジアム

東日本大震災からの復興計画最終年である2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会において,宮城県ゆかりのアスリートが活躍することは,県民の「元気」につながることはもちろん,日本中,世界中に対して宮城県が復興した姿を発信できる機会となります。

そのため,宮城県からメダル獲得選手を輩出すること及び多くのオリンピアン・パラリンピアンを輩出することを目指し,活躍が期待されるアスリートを「みやぎアスリート2020」として指定し,強化活動を支援するものです。

〈主な使いみち〉

強化遠征合宿や練習会に要する経費

競技に必要な用具の購入 等

〈担当課〉

教育庁 スポーツ健康課 スポーツ振興班 
 TEL 
022-211-3668
 https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/supoken/                      

6) 知事おまかせ

知事おまかせ
知事 上記1~5のいずれかの事業に活用します。