ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす社会福祉課バリアフリーみやぎを目指して

バリアフリーみやぎを目指して

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月20日更新

レイアウト目的の四角が並んでいる画像

バリアフリーに関する県の取り組みです  いま、私たちが暮らしている社会には、高齢者や障害のある人が安心して社会生活を送る上で、さまざまなバリア(障壁・障害となるもの)があります。
  バリアには、建物の出入口や道路の段差など自由な移動をしにくくしているものや、車いすを使用している人などでも利用しやすいトイレの不足などの「物理的バリア」のほかに、障害があることや、人と違っていることを特別視する「心理的バリア(心のバリア)」などがあります。
  宮城県は、「高齢者も若者も、障害のある人もない人もすべての人が個人として尊重され、共に支え合いながら安心して生活できる社会の実現」をめざし、行政、企業、NPO、県民のみなさんとともに、幅広くバリアフリーの取組を推進しています。

レイアウト目的の四角が並んでいる画像

 

各事業の詳細
県有施設バリアフリー化事業平成7年度から平成17年度まで、だれもが利用しやすい施設整備を目指し「だれもが住みよい福祉のまちづくり条例」の整備基準に基づき、県有施設(建築物、公園)のバリアフリー化を行いました。 
「福祉のまちづくり読本」の配布
 
  読本電子データ [PDFファイル/4.76MB]
小学生(3~6年生)を対象として、「心のバリアフリー」の醸成を図るため、体の不自由な方への接し方など、バリアフリーについてわかりやすく説明した読本を作成し、配布しています。

 

home

社会福祉課ホームページへ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)