ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境男女共同参画県民参画イクボスシンポジウムin黒川郡を開催しました

イクボスシンポジウムin黒川郡を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月4日更新

目的

 育児・介護のダブルケアなど生活が多様化する社員が,いきいきと働くことができる職場環境を実現するため,新しい時代の理想の上司「イクボス」の必要性を認識し,積極的に管理職の意識改革を行うことが求められています。今回は,黒川郡を中心とする様々な分野の経営者や管理職,人事労務担当者の皆様に対して,男女の働き方に関する現状と課題,男女が共に活躍できる社会について考え,理解を深めてもらうためのシンポジウムを開催しました。

開催概要

主催

宮城県,大和町,みやぎの女性活躍促進連携会議,みやぎイクボス同盟

共催

大郷町,大衡村

日時

令和元年9月11日水曜日 午後2時から午後4時まで

場所

大和町南部コミュニティセンター ふれあいの杜

(黒川郡大和町杜の丘一丁目13番地)

内容

講演
「イクボスシンポジウムin黒川郡
 ~ 実績を上げながら定時で帰る方法教えます ~」

川島 高之 氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン東北 顧問)

広報チラシ

広報チラシはこちら

結果

 

 講演では,働きやすい職場環境を作っていくための上司としての心構えについてや,「早く帰れ,休め」と号令をかけるだけではなく,トップの強いメッセージの下,覚悟を持って行動する必要がある旨のお話がありました。講師の経験を交えた具体的な内容で,イメージしやすい,今後仕事をする上で参考となる大変有意義なシンポジウムとなりました。

参加者からは,

  • 「人生をマルチとして生きる」「上司と部下とのコミュニケーションのあるべき姿」などはっとさせられることが多くあり,非常に勉強になった。
  • 部下を抱える身として,薄々感じていた課題や目標が講演を聞いて明確になった。
  • 無駄業務は勇気を持って声を上げ改善していきたい

などの感想が寄せられました。

 イクボスシンポジウムin黒川郡講師写真 イクボスシンポジウムin黒川郡会場写真

29名の方が参加されました。御参加いただきありがとうございました。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)