ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

貞山運河に関する講演を行いました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月8日更新

仙台明治青年大学様より「貞山運河」に関する講演依頼を受け,同大学の学習会にて「貞山運河の再生と復興に向けて」と題して(講演者 金子河川課長),運河の歴史や現在の取組み状況などを講演する機会をいただきました。

当日は約600名もの方々が聴講され,宮城の発展の礎となった貞山運河への関心の高さが伺えました。

また,メモをとっている方など多くおり,熱心に聴いていただきました。

現在,宮城県では,運河の災害復旧工事を鋭意進めているところですが,運河の歴史を未来へ繋ぎ,運河を基軸とした「鎮魂と希望」の沿岸域の再生・復興に向けて,情報発信しながら進めて行きたいと考えています。

開催概要

日時:平成27年7月8日(水曜日)

場所:仙台市太白区文化センター(楽楽楽ホール)

聴講者数:約600名 

内 容

  1. 運河の歴史と概要
  2. 東日本大震災の発生
  3. 貞山運河の再生と復興に向けて
      3-1.貞山運河再生・復興ビジョン策定
      3-2.河川の津波対策
      3-3.運河群の津波減衰効果の検証
      3-4.運河群での取組み

講演の様子

講演の様子1講演の様子2