ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす河川課宮城県津波浸水想定の設定に関する検討会

宮城県津波浸水想定の設定に関する検討会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月21日更新

宮城県津波浸水想定の設定に関する検討会

 はじめに

 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波災害を契機として,国では,平成23年12月に「津波防災地域づくりに関する法律」を制定し,ハード・ソフトを組み合わせた「多重防御」による「津波防災地域づくり」を推進することとしています。

 「宮城県津波浸水想定の設定に関する検討会」は,同法律に基づき最大クラスの津波を対象として都道府県知事がシミュレーションを行い,浸水想定区域を設定し,その結果を公表するにあたり,専門家の指導・助言を受け調査結果の妥当性評価を行い,津波災害警戒区域等の指定について検討を行うものです。

検討会開催状況

 

令和2年7月30日 第1回検討会が開催されました。

[詳細はこちら]

 

令和3年1月7日 第2回検討会が開催されました。

[詳細はこちら]

 

令和3年3月24日 第3回検討会が開催されました。

「詳細はこちら」