ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業用ため池について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月2日更新

(東部地方振興事務所 農業農村整備部 トップページに戻る)

※2019年8月28日公開

目次

農業用ため池について

「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」の制定

宮城県の取組(農村整備課)

ため池管理者向け参考資料(安全対策事例集・点検マニュアル等)

農林水産省関連ページへのリンク

農業用ため池について

農業用ため池とは、農業用水を確保するため人工的に造成された池のことです。
農業用ため池の概要等については、「ため池とは」(農林水産省)をご覧ください。

近年、集中豪雨や地震が原因の決壊による被害や、
農村環境の変化に伴う管理・監視体制の脆弱化等が問題となっています。
農業用ため池の課題については、「ため池の課題」(農林水産省)をご覧ください。

▲目次へ戻る

「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」の制定

「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」(以下「本法」)が制定され、
令和元年7月1日より施行されています。

※出典・参考:「ため池に関する法律」(農林水産省)

本法では、全ての農業用ため池を対象に以下の規定が置かれています。

 所有者等による適正管理の努力義務

 ・所有者等による都道府県へのため池情報の届出を義務付け

 ・ため池の適正な管理が行われていない場合、都道府県による勧告

 ・都道府県によるため池のデータベースの整備、公表

特定農業用ため池について

本法において、都道府県は、決壊した場合の浸水区域内に住宅等があり、
居住者等の避難が困難となるおそれのあるため池を「特定農業用ため池」として指定することとしています。

特定農業用ため池に指定されると、

 ・堤体の掘削等の形状変更行為が知事の許可制となり、
ため池の改良・廃止といった防災工事を実施する際、所有者等は計画の届出が必要

 ・市町村はハザードマップの作成等の避難対策を実施するとともに、
必要に応じてため池の施設管理権を取得可能

 ・都道府県は必要な防災工事が実施されない場合に、
所有者等へ防災工事の施行命令を出すことができ、
必要に応じて防災工事の代執行が可能

となります。

▲目次へ戻る

宮城県の取組(農村整備課)

農業用ため池に関する宮城県の取組については、
農業用ため池に関する情報」(農村整備課)をご覧ください。

▲目次へ戻る

ため池管理者向け参考資料

ため池の安全対策に関する事例集等

ため池の安全対策」(農林水産省)から、ため池に係る事故の傾向
安全対策に関する事例集などが閲覧できます。是非ご覧ください。

ため池の点検方法 マニュアル等

ため池の保全管理について、点検方法のマニュアル等は
ため池に関する事例集・マニュアル等」(農林水産省)からご覧ください。

▲目次へ戻る

こちらもご覧ください

農業用ため池について、詳しくは、「ため池」(農林水産省)をご覧ください。

▲目次へ戻る

 

(東部地方振興事務所 農業農村整備部 トップページに戻る)