ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす園芸推進課平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について

平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

平成24年産早期出荷米の放射性物質検査は全て終了し,安全性が確認されています。

検査結果及び記者提供資料は下記のとおりです。

平成24年産早期出荷米の放射性物質検査表

平成24年9月12日公表 

平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第7報) [PDFファイル/117KB]
平成24年9月11日公表平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第6報)  [PDFファイル/117KB]
平成24年9月7日公表平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第5報) [PDFファイル/117KB]
平成24年9月6日公表 平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第4報) [PDFファイル/121KB] 
平成24年9月4日公表平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第3報) [PDFファイル/119KB]
平成24年8月31日公表平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第2報) [PDFファイル/118KB]
平成24年8月30日公表 平成24年産早期出荷米の放射性物質測定結果について(第1報) [PDFファイル/46KB]

早期出荷米の放射性物質調査に関する基本的な考え方

早期出荷米の定義

 早期出荷米は,一般的に栽培されている稲と品種が異なるか,または栽培方法(田植時期・収穫時期)が明らかに早いなど,一般の米と区分されて流通・管理される米で,9月10日までに農産物検査の受検,出荷流通を予定している米です。

検査対象となる早期出荷米

 早期出荷米を生産する農業者は事前に県に栽培ほ場を申請し,そこで生産された米を検査します。

検査結果の取扱い

[ 基準値以下の場合 ]

  検査結果,基準値(100ベクレル/kg)以下であった場合,該当するほ場で生産された米については,出荷が可能とな ります。

[ 基準値を上回った場合 ]

  検査の結果,基準値を上回った場合は,該当するほ場がある旧市町村で生産される米は出荷制限となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)