ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす家畜防疫対策室県内での野生のイノシシ検査について

県内での野生のイノシシ検査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月21日更新

野生イノシシの豚熱検査について

 平成30年9月に、岐阜県の養豚場の豚で豚熱の発生が確認され、その後、養豚場周囲の死亡したイノシシにも豚熱の検査陽性の事例が確認されました。
 これをうけて、全国の都道府県では、捕獲及び死亡した野生イノシシの豚熱感染の有無を検査しています。

 国内での野生イノシシにおける豚熱感染拡大は依然として続いており,東北では令和2年9月に福島県,12月に山形県で感染個体が確認されており,本県においても令和3年6月11月に感染個体が確認されました。

県内での野生イノシシ豚熱検査の結果について

 本県では平成30年9月より死亡野生イノシシの豚熱検査を開始しており、令和2年1月からは捕獲野生イノシシの豚熱検査を追加し、本県への豚熱浸潤状況の早期把握に努めております。

 

◆県内野生イノシシ豚熱検査(R3.10.21時点)  

 平成30年度令和元年度令和2年度令和3年度
(累計)(累計)(累計)4月5月6月7月8月9月10月
捕獲イノシシ陽性00000453214
陰性8135104816242531261
死亡イノシシ陽性0000011212319
陰性1564020033033
検査頭数 合計1514139106921344336327

 

※野生豚熱確認地点及び確認地点から半径10km圏の位置概要については下記資料をご確認ください。

宮城県野生イノシシ豚熱確認地点及び確認地点から半径10km圏(R3.10.21更新) [PDFファイル/3.82MB]

豚熱感染確認地点から半径10km圏内での野生イノシシの捕獲時等については下記資料を参考の上、各地域の実情に応じつつ、必要な防疫措置の実施をお願いします。

【宮城版】豚熱・アフリカ豚熱対策としての野生イノシシの捕獲等に関する防疫措置の手引き [PDFファイル/1.82MB]

 

 

 

※令和3年度の検査結果詳細については下記資料をご確認ください。

【市町村別】令和3年度 野生イノシシ検査結果(R3.10.21更新) [PDFファイル/268KB]

【個体別】令和3年度 野生イノシシ検査結果(R3.10.21 更新) [PDFファイル/387KB]

 

※令和2年度以前の検査結果詳細については下記資料をご確認ください。

【市町村別】野生イノシシ検査結果(平成30年度~令和2年度) [PDFファイル/236KB]

【個体別】野生イノシシ検査結果(平成30年度~令和2年度) [PDFファイル/308KB]

県内の野生イノシシ豚熱陽性事例について

(1)令和3年6月11日 県内1例目(死亡野生イノシシ) 県記者発表資料(6月11日)  

(2)令和3年7月1日    県内2-3例目(捕獲野生イノシシ) 県記者発表資料(7月1日)

(3)令和3年7月8日    県内4例目(捕獲野生イノシシ) 県記者発表資料(7月8日)

(4)令和3年7月21日  県内5-6例目(死亡野生イノシシ・捕獲野生イノシシ) 県記者発表資料(7月21日)

(5)令和3年8月19日  県内7-10例目(死亡野生イノシシ・捕獲野生イノシシ) 県記者発表資料(8月19日)

(6)令和3年8月26日 県内11-12例目(捕獲野生イノシシ)県記者発表資料(8月26日)

(7)令和3年8月27日 県内13例目(死亡野生イノシシ)  県記者発表資料(8月27日)

(8)令和3年9月2日  県内14-18例目(捕獲野生イノシシ・死亡野生イノシシ) 県記者発表資料(9月2日)

(9)令和3年9月9日  県内19,20例目(捕獲野生イノシシ・死亡野生イノシシ) 県記者発表資料(9月9日)

(10)令和3年9月16日 県21,22例目(死亡野生イノシシ・捕獲野生イノシシ)県記者発表資料(9月16日)

(11)令和3年9月30日 県23‐28例目(死亡野生イノシシ)県記者発表資料(9月30日)

(12)令和3年10月7日 県29‐31例目(死亡野生イノシシ)県記者発表資料(10月7日)

(13)令和3年10月21日 県32‐33例目(捕獲野生イノシシ)県記者発表資料(10月21日)

死亡した野生イノシシを発見したら

 本県では、死亡野生イノシシと有害鳥獣駆除等で捕獲した野生イノシシでの豚熱検査を進めています。

 死亡している野生イノシシを見つけた場合、最寄りの県家畜保健衛生所まで御連絡をお願いします。

 死亡している周囲の状況、場所の詳細その他についてお尋ねしますので、御協力ください。

 

  ※本県に生息する野生イノシシにおいて、豚熱ウイルスに感染した個体が確認されています。

   ウイルスはイノシシの糞便等に排泄されるため,靴底や衣服、荷物、車などで遠隔地へと運ばれる可能性があります。

   県内・国内の養豚業を守るため,下記リーフレットを参考に,ウイルス拡大防止に御協力下さい。

   一般向けCSFリーフレット [PDFファイル/779KB]    狩猟者向けCSFリーフレット [PDFファイル/1.08MB]

連絡先

お近くの県家畜保健衛生所又は畜産振興部に御連絡ください。

家畜保健衛生所連絡先
家畜保健衛生所名管轄地域電話番号
大河原家畜保健衛生所白石市、角田市、柴田町、村田町、大河原町、川崎町、蔵王町、七ヶ宿町、丸森町0224-53-3538
仙台家畜保健衛生所仙台市、名取市、岩沼市、多賀城市、塩竃市、利府町、松島町、七ヶ浜町、亘理町、山元町、大和町、富谷市、大郷町、大衡村022-257-0921
北部家畜保健衛生所大崎市、美里町、涌谷町、加美町、色麻町0229-91-0730

北部地方振興事務所
 栗原地域事務所畜産振興部

栗原市0228-22-2487
東部家畜保健衛生所登米市、気仙沼市、南三陸町0220-22-2395

東部地方振興事務所
 畜産振興部

石巻市、東松島市、女川町0225-95-1438

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)