ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業畜産業伝染病県内における野生イノシシでの豚熱の確認について(県内13例目)

県内における野生イノシシでの豚熱の確認について(県内13例目)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月27日更新
 
記者発表資料

令和3年8月27
農政部家畜防疫対策室
担当:
石橋・柴田
電話:022-211-2854

 豚熱ウイルスの侵入を監視するため,野生イノシシの豚熱検査を行っておりますが,県内で新たに1頭の陽性が確認されましたのでお知らせします。

1 発見・捕獲日・捕獲場所等

県内発生例

発見・捕獲日

捕獲場所

個体情報

13例目

8月26日(木曜日)死亡発見

蔵王町

成獣,雌,体長 約140cm

2 検査結果:8月27日(金曜日)に仙台家畜保健衛生所の遺伝子検査で陽性と判定され,感染が確認された。

3 その他:13例目の発見場所から半径10kmの監視区域内に4つの養豚場があり異常豚がいないことを確認済み。

※野生イノシシの検査状況は別紙のとおり(検査状況)。


【これまでの経過】

6月11日 1例目の感染確認 (死亡1頭)

7月 1日 2,3例目の感染確認(捕獲2頭)

7月 8日 4例目の感染確認 (捕獲1頭)

7月21日 5,6例目の感染確認(死亡1頭,捕獲1頭)

8月19日 7~10例目の感染確認(死亡1頭,捕獲3頭)

8月26日 11,12例目の感染確認(捕獲2頭)

※発見場所から半径10km以内の監視区域において,検査強化のため捕獲した野生イノシシの豚熱検査を実施

 

【県の対応】

特定家畜伝染病対策本部を継続して設置しており,初発での対応と同様,以下の対策を実施します。

・県内の養豚場に対して情報を提供するとともに,飼養衛生管理基準の遵守を再度徹底します。

・継続して野生イノシシの捕獲及び豚熱検査について強化を図ります。

・県内の養豚場では豚熱ワクチンの一斉接種が完了しているため,本事例による豚の移動や出荷が制限されることはありません。

 

●報道機関へのお願い

報道機関の皆様におかれましては,イノシシの発見場所,養豚場での取材は,本病のまん延を引き起こす恐れがあることから,厳に慎むようご協力をお願いします。

 

豚熱は,豚熱ウイルスによる豚,イノシシの熱性伝染病であり,人に感染することはありません。また,感染したイノシシの肉が市場に流通することはありません。万が一,感染したイノシシの肉を食べても健康には影響ありません。

 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。