ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

北上運河・東名運河の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月7日更新

北上運河・東名運河の紹介

 

  北上運河(きたかみうんが)と東名運河(とうなうんが)は、旧北上川と松島湾を結んでいます。旧北上川から鳴瀬川までを北上運河といい、鳴瀬川から松島湾までを東名運河といいます。ともに明治政府による野蒜築港(のびるちっこう)に合わせて開削されたものです。野蒜築港とは、明治の初め、⻑崎港や横浜港に先⽴ち、我が国初の⻄洋式の港湾⼯事として、⼀⼤貿易港を造ろうとした事業です。北上運河は明治14年に、東名運河は17年に、内港は15年に完成し、開講後は一時活況を呈しましたが、17年9⽉の台⾵で内港の突堤が破壊されたため、外港を⼿がけることなく、築港の⼯事は打ち切りとなってしまいました。