ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習生涯学習北部教育事務所管内の生涯学習・社会教育令和元年度管内スポーツ推進委員・生涯スポーツ担当者研修会【北部】

令和元年度管内スポーツ推進委員・生涯スポーツ担当者研修会【北部】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月20日更新

 令和2年2月14日(金曜日)に大崎合同庁舎において,「令和元年度北部管内生涯スポーツ担当者研修会(兼 大崎管内スポーツ推進委員協議会研修会)」を実施しました。
 北部管内2市4町のスポーツ推進委員,教育委員会生涯スポーツ担当者ら44名が参加し,生涯スポーツ推進に必要な知識の習得や,指導者としての資質向上を図るため,研修を行いました。

【講演】 「視覚障がいの生活とスポーツの工夫・実施」
【講師】 ブラインドアスリート 
佐藤 誠喜氏

 講師の佐藤誠喜氏は,28歳の時に視覚支援学校で陸上競技と出会い,ブラインドアスリートとして歩み始めました。2007年のIBSA(国際視覚障がい者スポーツ連盟)世界選手権サンパウロ大会で1600mリレー3位入賞を果たし,その後も数々の国際大会で入賞しました。現在は,2020年東京パラリンピックの砲丸投げへの出場を目指して,日々練習に励んでいます。
 佐藤氏は,ユーモアを交えて和やかな雰囲気を創出しながら,講演の前半で視覚障がい者の生活について紹介しました。視覚障がい者が使用する白杖が折り畳み式であることや,腕時計には音声で時刻を報知するものと手で文字盤を触って知るものがあること等を紹介すると,参加者からは感嘆の声が上がっていました。後半では,視覚障がい者の短距離走におけるルールや伴走者の役割,オリジナルの練習方法等について,映像を交えながら詳しく解説しました。結びでは,「失明によって多くのものを失い絶望していたが,陸上競技に出会って世界が変わった」という自身の経験を話しました。
 参加者は,障がいを抱えながらも自ら工夫し前向きに練習に励む佐藤氏の姿から,スポーツの持つ力の大きさを改めて実感し,生涯スポーツを普及することの大切さを再確認する機会となりました。

講演講演講演講演講演講演

参加者の感想(印象に残ったことや新たな気付き)

  • 視覚障がい者の勇気に感動させられました。頑張る力をいただきました。
  • どんな状況でもあきらめることはないんだと思いました。私たちは年齢や天気のせいにしてスポーツをあきらめることがありますが,今日の講話を聞いて,もっと頑張らないといけないと思いました。
  • お話の全てが新鮮でとても楽しい内容でした。与えられた状態,状況の中で一所懸命生きていらっしゃる姿勢はとても魅力的で,「新しいスタートを切るのに遅いということはない」と改めて教えられました。
  • 日本を代表して世界で活躍するアスリートの方のお話を聞くことができてとてもよかったです。
  • 障がいをもって生まれた方の講話を聞いたことはありましたが,徐々になった方のお話は聞いたことがなかったので勉強になりました。町の講演会にも来て頂きたいと思いました。
  • プラス思考に感動しました。
  • 視覚障がいの方が日々の生活でご苦労されていることや,工夫されていることが知れて良かった。伴走者との心の会話をしながら頑張ってこられた姿が印象的でした。いろんなお話が聞けて良かった。
  • とても盲目とは思えないですね。やる気満々ですね。これからもお体に気をつけて頑張ってください。
  • パラリンピックの陸上をもっともっと楽しめそうだ。パラの選手の話を初めて聞きました。スポーツって色々な力をもってますね。スポーツの力,実感しました。
  • 支援窓口が必要。
  • 明るい印象にただびっくりいたしました。前向きの生活はとてもすばらしい!
  • とても聞きやすく,楽しく聞けました。毎日の努力を感じさせられました。ぜひ東京パラリンピックに出られることを祈ります。
  • 普段このようなお話を聞く機会がないので,とても良かったです。障がいに対しても前向きで,とても努力されている姿が素晴らしいと思いました。
  • パラスポーツ等をできる場所が少なすぎる。
  • 今回の研修会に参加しなかったら,一生触れることのなかった日用品,道具,ハイテク機器の存在を知った。我々とは真逆の日常が展開していくことに驚いた。
  • これまで実技の研修しか受けたことがなかったので,このようにお話を聞くというのは新鮮でした。
  • 障がい者スポーツでの苦労と目指す種目。努力は力なり。
  • 自分も頑張れる力をもらえた。まだまだ努力が必要だと思った。
  • 伴走者をボランティアで引き受ける人材を集めることは難しいと聞いております。誰もが夢を持って挑戦できる環境が整うことを願います。講師の先生の競技種目を変えても目標に向かって努力している姿勢には胸を打たれました。貴重なお話ありがとうございました。
  • 練習の工夫などが参考になりました。
  • 視覚障がいスポーツの裏面を知りました。
  • 息子さんのために頑張る姿,素晴らしいと思います。これからも年齢に関係なく頑張ってください。
  • パラリンピックに出場できるよう願っています。
  • 目標があるということは素晴らしい!