ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食品中の放射性物質について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月24日更新

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、平成24年に、食品中の放射性物質の新しい基準値が定められました。
新しい基準値は、乳幼児から大人まで、あらゆる人が食品を食べ続けても健康に影響がないように定められています。

注意しましょう!

【!】 野生きのこに関する注意喚起について(農林水産部林業振興課)

  • 国から出荷制限指示を受けている場所で採取した野生きのこは、販売ができません。また、インターネットによる販売もできませんので、ご注意ください。
  • 出荷制限指示を受けていない市町村で採取した野生きのこも、安全が確認されていないものの販売や譲渡は行わないようにしましょう。

放射性物質に関するおすすめリンク集

基準値の定め方や、健康影響に関する情報等、放射性物質について情報を発信している関係機関のホームページへのリンク集です。

おすすめリンク集
番号

タイトル

関係機関概要
1食べものと放射性物質のはなし食品安全委員会食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省が連携しまとめた「新しい基準値のはなし」「放射性物質と健康影響」「生産現場の取組」について知ることができます。
2食品中の放射性物質に関する広報資料(パンフレット等)消費者庁放射線の基礎知識や基準値を分かりやすくまとめたパンフレット「食品と放射能Q&A」等、様々な広報資料が掲載されています。
3東日本大震災関連情報厚生労働省食品中の放射性物質に関する厚生労働省の施策やトピックスについて知ることができます。
4生産関係農林水産省

農産物についての「よくあるご質問と回答」等が掲載されています。

5水産物についてのご質問と回答(放射性物質調査)水産庁水産物についての質問と回答が掲載されています。
6食品中の放射性物質検査データ国立保健医療科学院厚生労働省が公表した食品中の放射性物質の検査結果を、産地や品目を指定して検索することができます。

県の放射性物質検査について

県では、出荷前の農林水産物や、県内で販売されている加工食品等について、計画的に放射性物質検査を行っています。検査結果や検査計画は、以下のホームページで公表しています。

放射性物質検査結果・検査計画
番号タイトル担当課概要
1県内流通食品等の放射性物質検査結果について食と暮らしの安全推進課県内で販売されている牛乳やそうざい等の検査結果・検査計画を公表しています。
2宮城県内農林水産物の放射能測定結果について食産業振興課出荷前の農林水産物の検査結果・検査計画を公表しています。
3学校給食用食材の放射能サンプル測定スポーツ健康課調理前の学校給食用食材の放射性物質検査結果を公表しています。
4放射能情報サイトみやぎ原子力安全対策課

●県で実施した放射性物質検査結果を、市町村や測定期間を指定して検索することができます。

●農林水産物の出荷制限・出荷自粛に関する最新情報を確認できます。

出荷制限・出荷自粛について

放射性物質検査の結果が基準値を超えた場合、原子力安全対策本部長(総理大臣)により、地域的な広がりを考慮した上で、基準値を超えた品目の出荷を制限する「出荷制限」が指示されます。
検査結果が著しく高濃度である場合には、「摂取制限」が指示されます。県内でこれまでに摂取制限が指示された例はありません。

さらに、県では、農林水産物の放射性物質が基準値を超えた場合、生産者・流通関係者や市町村に対し「出荷自粛」を要請しています。

出荷制限・出荷自粛に関する最新情報は、放射能情報サイトみやぎで確認できます。