ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ大島架橋事業

大島架橋事業~希望をつなぐ架け橋~

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月5日更新

事業の目的

気仙沼湾に位置する大島は,本土との交通機関が船舶のみであり,住民の日常生活に於ける利便性の向上や救急医療などの安全・安心の確保,当該圏域の観光振興及び地域間交流を図る観点からも架橋の整備が求められてきました。

さらに,平成23年3月11日に本県を襲った「東北地方太平洋沖地震」の津波により,大島地区の住民が長期間の孤立を余儀なくされるなどの甚大な被害を受け,大島架橋の必要性が再認識されたことから,災害時の緊急輸送路としての機能を向上させ,市のまちづくり計画とも調整を図り,令和2年度の完成を目標に事業を推進しています。

事業の沿革

大島架橋事業沿革
できごと
昭和42年10月本事業が県勢発展計画に位置づけられる
昭和62年4月気仙沼大島架橋促進期成同盟会結成
平成13年3月本県が大島架橋整備を公表する
平成22年8月気仙沼大島架橋事業説明会を開催(橋の形式や工事概要を発表)
平成23年3月東日本大震災(平成23年東北地方太平洋沖地震)が発生する
8月東日本大震災の発生により,事業計画路線を見直す
平成24年1月大島架橋事業着手式
平成25年1月大島架橋事業着工式
平成26年10月浦島1号トンネル工事が完成
11月大島架橋本体工事着工式
平成27年3月浦島2号トンネル工事が完成
9月大浦地区で一供用開始
10月乙姫トンネル工事が完成
12月浪板2区防災集団移転団地アクセス道路が一部供用開始
平成29年2月二ノ浜地区から三ノ浜地区が供用開始
3月大島架橋上部工の架設工事の完了
10月大島架橋本体工事の完成
平成31年4月気仙沼大島大橋の開通式挙行 浪板2区防災集団移転団地入り口から磯草地区間の供用開始
令和元年12月浦の浜地区大島ウェルカム・ターミナル前区間及び浪板橋から浪板2区防災集団移転団地入り口間の供用開始
令和2年10月東八幡前地区国道45号接続部から浪板地区(気仙沼北IC(仮))間の供用開始

事業内容

大島架橋事業の内容
工区の区分補助工区離島工区
国道45号から大島IC(仮)大島IC(仮)から大島島内(浦の浜)
事業区間平成23年度から令和2年度まで
事業箇所気仙沼市東八幡前~気仙沼市浦の浜
事業費約260億円
延長2,750m

5,250m

気仙沼大島大橋(356m)を含む

道路諸元道路規格第3種第2級第3種第3級
幅員※1車道幅6.5(10.5)m車道幅6.0(10.0)m
設計速度※260km/h50km/h
路線名一般県道大島浪板線(県道218号)
  • ※1 トンネルや橋梁の構造物では,車道幅員6.0(9.5)mとなり,( )内は歩道を含む全幅員です。
  • ※2 「設計速度」は,道路設計における基礎となる速度であり,道路交通法施行令上の法定速度とは異なります。

事業概要図

事業の妥当性

当該事業は,「大島架橋事業」として,平成22年度「新規事業箇所評価」を受けるとともに,平成22年度「大規模事業評価部会」に諮り,「妥当」の答申を受けています。また,平成27年11月には平成27年度公共事業再評価において,事業継続の評価に対して,「妥当」の答申を受けています。(震災復興政策課HP)

関連リンク

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。