ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業雇用・労働職業能力開発みやぎニュースクリップみやぎニュースクリップ/「第57回技能五輪全国大会」および「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」宮城県選手入賞者が表敬訪問を行いました(令和元年12月23日)

みやぎニュースクリップ/「第57回技能五輪全国大会」および「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」宮城県選手入賞者が表敬訪問を行いました(令和元年12月23日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月27日更新

 11月15日(金曜日)から愛知県で開催された「第57回技能五輪全国大会」および「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」の宮城県選手入賞者らが遠藤副知事に大会結果を報告しました。

 技能五輪は青年技能者(23歳以下)がその技能レベル日本一を競う大会で、今大会では3人が敢闘賞を受賞しました。また、全国障害者技能競技大会(アビリンピック)は、障害のある方が日頃培った技能を競う大会で、今大会では2人が銀賞を受賞したほか、宮城県選手団が大会の特別賞となる「女性の活躍賞」を受賞しました。

 遠藤副知事は「各分野で優れた若い人材が育っていることは、誠に喜ばしく心強い。今後も技能を磨き、後輩の良き手本となっていただきたい」と今後のさらなる活躍を期待しました。

前列右から大沼選手(アビリン銀賞)、遠藤副知事、加藤選手(アビリン銀賞)、後列右から田村選手(五輪敢闘賞)、齋藤選手(五輪敢闘賞)、三浦選手(五輪敢闘賞)、石神選手団副団長

前列右から大沼選手(アビリン銀賞)、遠藤副知事、加藤選手(アビリン銀賞)、後列右から田村選手(五輪敢闘賞)、齋藤選手(五輪敢闘賞)、三浦選手(五輪敢闘賞)、石神選手団副団長