ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす疾病・感染症対策室肝炎治療の医療費助成について

肝炎治療の医療費助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月28日更新

肝炎治療特別促進事業について
(インターフェロン治療,核酸アナログ製剤治療及びインターフェロンフリー治療に係る医療費助成)

お知らせ

核酸アナログ製剤治療による医療費助成の更新について

 平成28年9月2日から,核酸アナログ製剤治療の更新申請における手続きにおいて,診断書の簡素化を実施することとなりました。

 具体的には,診断書に代わって,前回の更新日以降で直近の(1)治療内容と(2)検査結果がわかる資料を,規定の様式(様式第4号(その3))に貼り付けることで,申請ができるようになります。

 詳しくは,以下の案内をご覧ください。

1 医療費助成の制度について

 県では肝炎治療特別促進事業はB型及びC型肝炎の方に対する早期治療をすすめるため,インターフェロン治療,核酸アナログ製剤治療及びインターフェロンフリー治療の医療費を助成し,治療を受けやすい環境を整え,将来の肝硬変や肝がんの予防,健康の保持を目的として,本事業を実施しています。

 対象の治療は,B型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療,C型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療です。

  • 肝炎の医療費助成に関するリーフレットはこちらをご覧ください。

(平成28年4月現在 表 [PDFファイル/1.1MB] ・ 裏 [PDFファイル/1.14MB]

  • お問い合わせ窓口はこちらをご覧ください。

(仙台市各区保健福祉センター・県の各保健所) [Wordファイル/35KB]

2 申請手続き等について

  1. 手続き(申請~交付~受診)の流れは,こちらをご覧ください
    フロー [PDFファイル/123KB]
  2. 具体的な手続き(各種申請に必要となる様式等)はこちらをご覧ください
    申請手続きについて
  3. 指定医療機関について
    診断書作成指定医療機関一覧【平成28年9月27日現在
    「テラプレビルを含む3剤併用療法」を申請する方[PDFファイル/88KB]
    「テラプレビルを含む3剤併用療法」以外の治療方法を申請する方[PDFファイル/93KB]
    治療実施医療機関一覧(テラプレビルを用いる場合を除く)【平成28年9月27日現在】
    治療実施医療機関一覧[PDFファイル/412KB]

※「テラプレビルを含む3剤併用療法」は診断書作成指定医療機関と同一となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)