ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公益法人制度改革

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

公益法人制度が抜本的に変わりました!本文ここまでです

  •  公益法人制度が、明治29年の民法制定以来続いてきた主務官庁制を廃止し、民間有識者からなる公益認定等委員会が中心となって一元的に公益性の判断、監督を行う制度に抜本的に変わりました。
  •  法人の設立と公益性の判断を分離し、登記のみで法人が設立できる制度(一般社団法人・一般財団法人制度)が創設されました。
  •  一般社団法人・一般財団法人で公益目的事業を行うことを主たる目的とする法人については、公益認定等委員会の意見に基づいて公益認定を受けることができます。

詳しくは、公益法人informationをご覧下さい。

新制度の概要

 こちらをご覧下さい。
 【行政改革推進本部が作成したパンフレット「公益法人制度改革の概要」2・4頁】 [PDFファイル/913KB]

関係資料

(1) 公益認定等に関する運用について(宮城県審査基準) [PDFファイル/59KB]

(2) 関係法令

(3) 公益認定等に関する運用について(公益認定等ガイドライン) [PDFファイル/536KB]

(4) 移行認定又は移行認可の申請に当たって定款の変更の案を作成するに際し特に留意すべき事項について [PDFファイル/647KB]

(5) 新たな公益法人制度への移行等に関するよくある質問 [PDFファイル/1.64MB] 

内閣府における新しい公益法人制度に関する窓口相談の受付 

 公益法人informationの「お知らせ」をご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)