ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす高校教育課学校経営・生徒指導班のページ

学校経営・生徒指導班のページ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月1日更新

高校教育課 学校経営・生徒指導班が担当する事業等について掲載しています。

心の復興記録集~東日本大震災を乗り越えて~を発刊しました。

県内の小・中・高校生が,東日本大震災からの5年間を振り返り,経験から学んだことや実践してきたこと,現在の心境や今後の生き方等について綴った作文106点を取りまとめ,県教育委員会としては震災後初めてとなる「心の復興記録集」として発刊しました。 

みやぎ高校生マナーアップ運動

小・中・高等学校の全時期にわたって推進する「志教育」をとおして,人としてのあり方・生き方を考え,勤労感や社会性を養い,将来の職業人・社会人としての生き方についての主体的な探求を促す中で,特に高等学校においては,社会人として必要なマナー等について生徒が互いに話し合い,考える機会を設けることで,規範意識を身につけ,社会人としての基礎力を育みます。

※平成29年度分は,近日中に更新します。もう少々お待ちください。

みやぎ高校生地域貢献推進事業

本県高等学校の教育活動の中に積極的にボランティア活動や社会奉仕活動,地域貢献活動等を取り入れることをとおして,さまざまな立場の人と関わりを持つ中で,生命を尊重する基本的な心や,互いに支え合い生きていくことの大切さ,自分の在り方生き方を見つめ直し将来の社会人としてよりよく生きる態度等を涵養し,将来にわたって地域社会を支える人材としての自覚と態度を育成します。

現在,更新に向けて作業中です。

特色ある学校づくり関連

「生徒・保護者共通アンケート」は,各学校で実施している学校評価における「生徒・保護者アンケート」調査に,各学校共通項目を取り入れることで,学校評価に客観性を持たせるとともに,各学校の経営改善と県教育委員会の施策推進に役立てます。

学校評価「生徒・保護者共通アンケート」集計結果

このサイトで提供している「学校評価支援システム」は、文部科学省「平成20年度・学校の第三者評価の評価手法等に関する調査研究(外部アンケート等のICT化に関する調査研究)」の事業委託を受け、慶應義塾大学SFC研究所により、研究・開発されたものです。

学校評価支援システム(SQS) 宮城県県立学校対象

文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果(宮城県分) 

児童生徒の問題行動等について,全国の状況を調査・分析することにより,教育現場における生徒指導上の取組のより一層の充実に資するとともに,児童生徒の問題行動の未然防止,早期発見・早期対応に繋げていきます。

平成27年度の結果(宮城県分) [PDFファイル/880KB]

総合教育相談事業

「いじめ」や「不登校問題」に対応するため,思春期の心の悩みなどの相談を受け付ける窓口を設置しています。

ハイスクールインフォメーション ~見つけよう、自分の目指す学び!~

このページでは,各高校の特色や教育内容などをいろいろな形で提供し,中学生のみなさんの高校選びを支援します。

公立高校オープンキャンパス

公立高校では,夏休みを中心にオープンキャンパス(一日体験入学・学校説明会)が開催されます。学校説明,模擬授業,体験学習や部活動見学など,中学生のみなさんが実際に体験できる企画が設定されています。

実際に高校の風を肌で感じる絶好の機会です。ぜひ多くの学校のオープンキャンパスに参加してみませんか。

高校教育課からの情報発信(みやぎハイスクール通信

このメールマガジンは,宮城県内の高校の教育内容についてこれまで以上にきめ細かな情報を提供するために,各高校の特色ある取組等について,県内の配信を希望する中学校へ教育庁高校教育課から配信しているものです。

公立高校文化祭開催日一覧

県内の公立高校の文化祭の日程を一覧表で掲載しています。文化祭に参加することで,学校の雰囲気を知ることができます。みなさんの参加をお待ちしています。

公立高校文化祭一覧はこちらから

みやぎアドベンチャープログラム(MAP)

MAP(Miyagi Adventure Program)とは,課題解決型体験学習法の一つである「PA(Project  Adventure)」の考え方や手法を取り入れた宮城県独自の教育方法です。

仲間と協力して様々な課題を解決しながら他人を信頼し思いやる心を育てる体験学習法であるPA(プロジェクトアドベンチャー)の考え方や手法を,県内の小・中・高等学校等の学校教育全体及び地域における児童生徒の諸活動に取り入れ,児童生徒の豊かな人間関係を構築し学校不適応等の未然防止を図るとともに,児童生徒が未知の分野において自ら課題を見いだし,考え,解決する力をはぐくむことを目的として「MAP事業」を推進しています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)