ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課みちのく環境管理規格について

みちのく環境管理規格について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 みちのく環境管理規格とは?

 地域独自の環境マネジメントシステムである「みちのく環境管理規格」(略称「みちのくEms」)が平成15年12月に策定されました。 また、この規格を普及し、規格に取り組む事業者を認証・登録する組織として、「みちのく環境管理規格認証機構」が設立されました。
  宮城県では、「みちのく環境管理規格認証機構」の委員としてその運営に参画し、県内事業者への普及を推進しています。

みちのくEmsの特徴

  「みちのくEms」は、中小規模の事業者でも比較的容易に取り組むことのできる環境マネジメントシステムで、その特徴は次のとおりです。

  •  ISO14001環境マネジメントシステムを基本にしながら費用や人的・時間的負担の少ない、平易で取り組みやすいシステムとなっている。
  •  説明会・構築講座の開催、評価員(アドバイザー)の派遣等、取得事業者への一貫したサポートにより事業者の取組を支援する。
  •  評価、審査体制の確立や客観性の高い判定委員会による判定などにより、信頼性の高い認証を行う。

 

建設工事入札参加資格審査の主観的事項への加点等

 「宮城県建設工事に係る競争入札の参加登録等に関する規程」において、平成21年度から「みちのくEms認証取得事業者」に対する主観的事項の加点が,5点から10点になりました。(※「建設関連業務に係る競争入札の参加登録等に関する規程」については平成22年度から適用されます。)
 また、「宮城県建設工事総合評価落札方式(標準型・簡易型)」においても平成21年度から「みちのくEms認証取得事業者」には1点が加点されることとなりました。

お問い合わせ

「みちのくEms」及び認証機構の詳細は、認証機構の事務局である「NPO法人環境会議所東北」にお問い合わせください。
  みちのく環境管理規格認証機構
  NPO法人環境会議所東北
  〒981-3121
  宮城県仙台市泉区上谷刈3-10-6
  TEL:022-218-0761
  FAX:022-375-7797