ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす長寿社会政策課社会福祉法人等による低所得者利用者負担軽減制度

社会福祉法人等による低所得者利用者負担軽減制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月29日更新

 社会福祉法人等による利用者負担額軽減制度

 

制度の概要

 社会福祉法人または市町村の経営する社会福祉事業体が運営する施設について都道府県により承認を受けた施設については、生計が困難な低所得者の利用者負担額の軽減を行うことができます。軽減額は介護保険の自己負担(1割負担)、食費・居住費の1/4(老齢福祉年金受給者は1/2)を原則として、市町村が個別の利用者の状況に応じて決定した額となります。

対象サービス

  訪問介護、通所介護(デイサービス、認知症対応型を含む)、短期入所生活介護(ショートステイ)、小規模多機能型居宅介護、特別養護老人ホーム(地域密着型を含む)

実施法人一覧
 ○青葉区 [PDFファイル/145KB]
 ○宮城野区 [PDFファイル/89KB]
 ○若林区 [PDFファイル/84KB]
 ○太白区 [PDFファイル/111KB]
 ○泉区 [PDFファイル/103KB]
 ○仙台圏域(仙台市除く) [PDFファイル/165KB]
 ○仙南圏域 [PDFファイル/112KB]
 ○大崎圏域 [PDFファイル/150KB]
 ○栗原圏域 [PDFファイル/98KB]
 ○登米圏域 [PDFファイル/123KB]
 ○石巻圏域 [PDFファイル/148KB]
 ○気仙沼圏域 [PDFファイル/116KB]
 ○他県 [PDFファイル/67KB]

軽減対象者の要件

 市町村民税世帯非課税で下記の要件を満たす人のうち、利用者の収入や世帯の状況、利用者負担額等を考慮し、生計が困難であると市町村が認めた人となります。

 

○軽減対象者の要件

a. 年間収入が単身世帯で150万円(世帯が1人増えるごとに50万円を加算した額)以下

b. 預貯金等が単身世帯で350万円(世帯が1人増えるごとに100万円を加算した額)以下

c. 日常生活に供する資産以外に活用できる資産がない

d. 負担能力のある親族等に扶養されていない

e. 介護保険料を滞納していない

軽減対象となるための手順

  軽減の対象となるためには市町村の審査を受けた上で「確認証」を発行される必要があります。お近くの市町村の介護保険担当窓口まで御相談下さい。

生活保護受給者について

  平成23年度より生活保護受給者についても、ユニット型個室の居住費について本制度の対象となりました。この場合の負担軽減額は利用者負担の全額になります。

事業所の軽減実施申出について(介護施設事業所のみなさまへ)

  軽減を行おうとする事業所は、県及び市町村より承認を受ける必要があります。この場合事業所が所在する市町村を管轄する県保健福祉事務所又は地域事務所に、下記の様式により申出書を提出していただきます。県への申出書の提出により、市町村に対しても申請があったものと見なされますので、市町村への申出書の提出は不要です。
 申請書様式のダウンロード


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)