ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > 平成30年度第 III 期コレクション展示

平成30年度第 III 期コレクション展示

展覧会概要
会期

2018年10月3日(水) - 12月24日(月・祝)

休館

月曜日(ただし10月8日は開館)、10月9日(火)

料金

一般300円(240円)/大学生150円(120円)/小・中・高校生無料

ただし、( )は20名以上の団体料金。
なお、特別展の観覧券をお持ちの方は、コレクション展示もご覧いただけます。

本館 展示室 1・2

当館所蔵の近現代絵画コレクションから約100点程度を展示します。

日本の近現代美術
  帝展の作家たち/街の一隅/洲之内コレクション
海外の美術
  クレーとカンディンスキー/カンディンスキーとパリ

平成30年度コレクション展示第3期本館展示作品目録 [PDFファイル/180KB]

出品作品

作品の画像

作品の画像
高橋由一《松島五大堂図》1881年

長谷川 潾二郎 《猫》 1966年
洲之内コレクション

作品の画像

作品の画像

ヴァシリー・カンディンスキー
《商人たちの到着》 1905年

パウル・クレー
《力学値のつりあい》 1935年

特集:帝展の作家たち

特集では、帝展の出品作家たちの作品をとおして、大正末から昭和初期の美術の一端を紹介します。

帝展(帝国美術院美術展覧会)は1919年から34年まで15回にわたり開催された、政府主催の美術展覧会(官展)です。在野団体が台頭するなか、帝展は権威ある総合美術展として注目を集め続けました。保守的なイメージを持たれがちな官展の美術ですが、前衛対アカデミズムの二項対立ではなく、つぶさに見れば、それぞれの個性や創造性、時代性を豊かに感じとることができます。

出品作家

牧野虎雄、安宅安五郎、布施信太郎、渋谷栄太郎、小室達、中野和高、小関きみ子、山内多門、山形駒太郎、橋本八百二、金子吉彌、大沼かねよ

出品作品

作品の画像

作品の画像
牧野虎雄《白閑鳥》1931年

中野和高《婦人座像》1927年 寄託作品

作品の画像

作品の画像

大沼かねよ《野良》1933年 寄託作品

金子吉彌《失業者》1930年

コレクション展示 ギャラリー・トーク

概要
講師当館学芸員
日時&テーマ

10月13日(土) 帝展の作家たち
10月27日(土) カンディンスキーとパリ
11月10日(土) 洲之内コレクション
11月24日(土) 街の一隅
12月8日(土) 帝展の作家たち
12月22日(土) 学芸員のおすすめ

各日とも午後1時~

詳しくはこちら
コレクション展示ギャラリー・トーク年間スケジュール

会場1階展示室入口に集合
申込

お申込みは不要ですが、常設展(または特別展)の観覧券が必要です。

佐藤忠良記念館 展示室5~9

佐藤忠良

宮城県生まれの彫刻家・佐藤忠良による彫刻の代表作や素描、
さらに自身が収集した西洋美術コレクションを展示します。  

絵本原画 「冬のお話」

当館では、約530件、1万枚以上の国内でも有数の絵本原画コレクションを所蔵しています。

展示室9では、さまざまな作家による絵本原画作品を展示いたします。
今回は、「冬のお話」をテーマに、いくつかの作品をご
紹介します。

平成30年度コレクション展示第3期 佐藤忠良記念館展示作品目録 [PDFファイル/1.07MB]
 

出品作品

作品の画像

作品の画像

佐藤 忠良 《トラフズク》 1974年

小野かおる「クリスマスがせめてくる」
1970.12[福音館書店]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)