ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成24年度コンサート

平成24年度 コンサート

 jammin' Zeb    (ジャミン・ゼブ) 
ジャズ イン ミュージアム 2012 ―定禅寺ジャズ・フェスティバル サテライトステージ―

jammin’ zeb

jammin' Zeb (ジャミン・ゼブ) ジャズ イン ミュージアム 2012 ―定禅寺ジャズ・フェスティバル サテライトステージ―
日時:2012年9月8日(土)
午後1時30分
会場:宮城県美術館アリスの庭
雨天の場合は、アリスの庭の屋根付き部分を使用します。
料金:無料
お申込み:

不要

 jammin' Zeb の音楽

ジャズ・ハーモニーをベースに、あらゆるジャンルの楽曲を爽やかに歌いこなす、スーパー・ヴォーカル・グループjammin'Zeb。ハイ・クオリティーなライブ演奏には、誰もが唸ります。しかしサウンドはあくまでポップ、決してテクニックに偏ることはありません。ジャミン・ゼブは若きエンターテイナー集団。自由な音楽性を心に響くハーモニーで包んで、全ての世代の心を癒し、明日への活力を与えてくれます。
メンバー全員が絶対音感を持っており、平均年齢28才、平均身長180cm、4人のうち3人がハーフと、華やかで存在感は抜群。しかも特筆すべきは、4人各々が個性的なソロ・シンガーであることです。1曲の中でメロディーを歌うメンバーが次々に入れ替わるという、これまでにないスタイルで楽曲をカラフルに彩る一方、コーラスは不思議な程に美しく溶け合い、柔らかな音色を奏でます。
グループ名は、「楽しくセッションする(jamming)シマウマ(zebra)」 から作った造語で、白人音楽も黒人音楽も、それぞれが持つ特徴や楽しさをくっきりとさせながら表現したいという思いを込めました。
2011年末には、東日本大震災からの復興を願ったオリジナル曲「Rise」が、NHKニュースを通じて大きな話題となり、2度の再放送という異例の扱いを受けました。
ライブにおいても年々動員を増やし続け、ジャズ系のライブハウスとして都内屈指の「STB139」を5days、ソールドアウトするに至っています。これまでに6枚のアルバムとライブDVDを発表。2008年9月以来2度目となる宮城県美術館での公演。みなさまお誘いあわせの上、どうぞおこしください。 
オフィシャル・サイト

中川賢一ピアノ・ソロ・コンサート
 ― 祈り ―  
クラシック イン ミュージアム '12

中川賢一コンサート

独特の深い響きをかもし出すエントランスホールを会場に、ほぼ毎年開催してきたクラッシック・イン・ミュージアム。美術館恒例行事として、すっかり定着しています。震災後1年を経た今年、鎮魂と復興への願いを込めて、中川賢一さんのピアノ・ソロ・コンサートを企画しました。
このコンサートは、ロシアの音楽家・ムソルグスキーが、画家である友人の早世を悼んで作曲した『展覧会の絵』をはじめ、ラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』など、残された者の心をモチーフとした作品で構成し、「祈り」をテーマとしてお贈りするものです。
本コンサートは中川さんの、宮城県美術館への支援と震災復興へ寄せる熱い思いにより、実現の運びとなりました。多くのみなさまのご来場をお待ちしています。

概要

中川賢一ピアノ・ソロ・コンサート ― 祈り ―  クラシック イン ミュージアム '12
日時:2012年7月7日(土)
午後5時15分開場|5時30分開演
 会場:宮城県 美術館エントランスホール
演奏:中川賢一
料金:無料
お申込み:不要

 曲目

  1. ラヴェル 『亡き王女のためのパヴァーヌ』
  2. ラフマニノフ 前奏曲嬰ハ短調 『鐘』 作品3-2
  3. バッハ(プゾーニ編曲) 「シャコンヌ」
  4. ムソルグスキー 『展覧会の絵』 ほか

 

  • ムソルグスキーの友人で、『展覧会の絵』作曲の動機となった画家 V.ハルトマンの作品

中川賢一 プロフィール NAKAGAWA KEN-ICHI

仙台市生まれ。桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
卒業後渡欧し、ベルギーのアントワープ音楽院ピアノ最高課程、特別課程をそれぞれ、優秀、首席の成績をおさめ修了。97年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。ベルギー、パリ、イギリスほかヨーロッパ各地に音楽祭に出演する。帰国後はソロ、室内楽奏者として活動、国内外の数々の音楽祭出演ほか、様々なオーケストラとの共演を行う。現代音楽アンサンブル「アンサンブルノマド」のピアニスト、指揮者として活動するほか、ダンスなどの他分野とのコラボレーションも多い。
(財)地域創造音楽活性化事業登録アーティストとして日本全国でクラシック音楽振興の活動をおこなうほか、さまざまな企画プロデュースなどの活動を行う。近年は特にメシアンの演奏に力を注いでおり、「幼子イエスに注ぐ20の眼差し」全曲(2005年よりほぼ毎年演奏、計5回)、歌曲「ハラウィ」、室内楽「世の終わりのための四重奏曲」、2台ピアノのための「アーメンの幻影」などを演奏。また2009年にはメシアン作曲のピアノソロの大作「鳥のカタログ」全曲、ジョンケージ作曲プリペアードピアノのための大作「ソナタとインターリュード」全曲演奏は話題を呼んだ。
現在、お茶の水女子大学、桐朋学園大学などで後進の指導も行っている。2001年せんだい芸術祭大賞、2001年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。

世界遺産 ヴェネツィア展 コンサート
 ~古楽器アンサンブルが奏でるヴェネツィアの調べ~

概要

世界遺産 ヴェネツィア展 コンサート ~古楽器アンサンブルが奏でるヴェネツィアの調べ~
 共催:宮城県文化振興財団
 演奏:
  • 小池まどか(バロックヴァイオリン)
  • 中野哲也(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
  • 梅津樹子(チェンバロ)
      
日時:2012年4月28日(土)午後5時30分開演 
「世界遺産ヴェネツィア展」の観覧券または半券をご提示ください。
会場:宮城県美術館エントランスホール
料金:無料
お申込み:不要
 

「世界遺産 ヴェネツィア展」関連企画

曲目

  • D.カステッロ  ソナタ第1番
  • バンドルフィ・メアッリ  ソナタ第2番ラ・チェスタ
  • スカルラッティ  ソナタK18、K208
  • A.ヴィヴァルディ  ソナタ第4番変ロ長調
  • A.コレッリ  ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタより「ラ・フォリア」

 過去のコンサート