ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成20年度コンサート

終了したコンサート

 クラシック・イン・ミュージアム‘08:「中川賢一 ピアノコンサート」

 20世紀を代表する世界的作曲家オリヴィエ・メシアンの生誕100年を記念して、ピアノコンサートを開催致します。今年もピアニスト中川賢一氏をお迎えし、《幼児イエスに注ぐ20の眼差し》を全曲演奏します。

出演者

 中川賢一(ピアノ)

演目

 オリヴィエ・メシアン《幼児イエスに注ぐ20の眼差し》(再演)

日時

 2008年12月20日(土曜日)午後5時40分開場、午後6時開演

会場

 宮城県美術館エントランス・ホール
 閉館時間(午後5時)後は、講堂前の入口から入って、創作室前の廊下で開場までお待ちください。

料金

 無料

お申込み

 不要

ロビーコンサート:「~音楽の都ウィーン~宮廷文化の華、音の彩り」 11月22日(土曜日) 「リコーダー~癒しの音色~」

「 ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」関連事業

 ハプスブルク家の宮廷オルガニストJ.J.フローベルガーの作品や17世紀フランドルの作曲家の作品を、リコーダーとチェンバロの演奏でおくります。今回使用するチェンバロは、木村雅雄 製作のフレンチ・チェンバロ(2008年作)モデル:H.エムシュ 1756,パリ です。

出演者

 デュオUt/Fa:宇治川朝政(リコーダー)、福間彩(チェンバロ)

日時

 2008年11月22日(土曜日)午後3時30分~午後4時30分

会場

 エントランスホール

料金

 無料

お申込み

 不要

ロビーコンサート:「~音楽の都ウィーン~宮廷文化の華、音の彩り」 11月 8日(土曜日) 「魅惑のバロックダンス」

「 ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」関連事業

 今もウィーンの街に美しい佇まいを誇るシェーンブルン宮殿。当時流行のメヌエットやコントルダンスをはじめ、ハプスブルク家とブルボン家、両宮廷に流れた楽の調べに思いをはせるコンサートです。

出演者

市瀬陽子(バロックダンス)、田原さえ(チェンバロ)、バロック・アンサンブル 飯塚大(バロックヴァイオリン) 、桜井孝夫(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、広瀬妙子(バロックヴァイオリン)、大越由美子(フラウト・トラヴェルソ)ほか

日時

2008年11月8日(土曜日) 午後3時30分~午後4時30分

会場

エントランスホール

料金

無料

お申込み

不要

ロビーコンサート:「~音楽の都ウィーン~宮廷文化の華、音の彩り」 10月18日(土曜日) 「透き通る歌声にのせて」

「 ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」関連事業

 オーストリアでハプスブルク家が栄えた時代、隣国ドイツには二大作曲家、バッハとヘンデル(共に1685年生まれ)が活躍していました。その二人の作品と一度は耳にしたメロディを交えておおくりします。

出演者

田原さえ(チェンバロ)、広瀬奈緒(ソプラノ)、バロック・アンサンブル 飯塚大(バロックヴァイオリン) 、桜井孝夫(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、広瀬妙子(バロックヴァイオリン)、大越由美子(フラウト・トラヴェルソ)ほか

日時

2008年10月18日(土曜日) 午後3時30分~午後4時30分

会場

エントランスホール

料金

無料

お申込み

不要

ジャズ イン ミュージアム

定禅寺ストリートジャスフェスティバルのタイアップステージとして、美術館でも演奏が行われます。

出演者

「Jammin'Zeb」

 瑞々しく爽やかな歌声と美しいハーモニー。今まで出会ったことのない新しいジャズ・ヴォーカルグループ。

「トリオ・ブラジリアンサウルス」

 様々なジャンルの音楽に影響を受け、ボサノヴァを中心としながらもブラジリアン・リズムをベースとした独自の音楽スタイル。

「Isao Suzuki & OMASOUND」

 日本を代表するジャズ・ベーシスト、鈴木勲が注目の若手アルト・サックス奏者、纐纈(こうけつ)雅代をフィーチャーしたサウンドはジャズ・ファンの注目。

日時

  • 2008年9月13日(土曜日) 13時30分~「Jammin'Zeb」
  • 2008年9月13日(土曜日) 14時30分~「トリオ・ブラジリアンサウルス」
  • 2008年9月14日(日曜日) 13時30分~「Isao Suzuki & OMASOUND」

会場

各回とも中庭

料金

各回とも無料

お申込み

不要