ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ震災・復興NOW IS.(ナウ イズ)を発行しました。

NOW IS.(ナウ イズ)を発行しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月31日更新

「NOW IS.(ナウ イズ)」は、これまで発行してきた「みやぎ復興プレス」をリニューアルした広報紙です。

宮城県内の復興の状況や復興に向けて取り組んでいる方々の「いま」の姿を詳しくお届けしていきますので、ぜひご覧ください。

【最新号】 「NOW IS.」~Vol.12~

Vol.12では、石原裕次郎さんのものまねで人気の「ゆうたろう」さんが亘理町を訪れ、津波被害の大きかった荒浜地区の産地直売所や現地再建された荒浜中学校などを巡りました。
その他にも、復興に向けて取り組んでいる方々の紹介、新聞記事から見る復興の様子などを掲載しています。

最新号は「みやぎ復興情報ポータルサイト」でご覧くださいhttp://www.fukkomiyagi.jp/

【バックナンバー】

「NOW IS.」~Vol.11~ [PDFファイル/7.48MB]

Vok.11では、落語家の「林家たい平」さんが石巻市を訪れ、落語家になることを決意した思い出の場所や震災後に出会った方々のもとを巡りました。

「NOW IS.」~Vol.10~ [PDFファイル/5.78MB]

Vol.10では、2012ミス・ユニバース・ジャパンでみやぎ絆大使の「原綾子」さんが、山元町のいちご農園や昨年12月に再開したJR常磐線の山下駅を訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.9~ [PDFファイル/6.82MB]

Vol.9では、塩竈市と利府町を特集し、お笑い芸人の「狩野英孝」さんが、塩竈市の新魚市場や利府町のカキ小屋などを訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.8~ [PDFファイル/7.19MB]

Vol.8では、多賀城市と七ヶ浜町を特集し、お笑い芸人「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富澤たけしさんが、平成28年度に災害科学科が新設された多賀城高校や震災後に七ヶ浜町に移住された方がオープンしたアートカフェバーに訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.7~ [PDFファイル/7.09MB]

Vol.7では、気仙沼市を特集し、俳優の「渡辺謙」さんと地元の方々とのふれあいの様子や復興にかける想いを掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.6~ [PDFファイル/6.7MB]

Vol.6では、名取市を特集し、女優の「名取裕子」さんが名取市の鎮魂の場である日和山や閖上さいかい市場(仮設商店街)などを訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.5~ [PDFファイル/7.11MB]

Vol.5では、仙台市を特集し、元AKB48で、現在は女優として活躍されている「岩田華怜」さん(仙台市出身)が仙台市沿岸部の宮城野区・若林区を訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.4~ [PDFファイル/7.12MB]

Vol.4では、松島町・東松島市を特集し、脚本家や俳優などで幅広く活躍されている「宮藤官九郎」さんが、松島町の商店街や東松島市の野蒜駅、月浜海水浴場などを訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.3~ [PDFファイル/5.81MB]

Vol.3では、岩沼市を特集し、元日本代表バレーボール選手「菅山かおる」さん(岩沼市出身)が、震災のメモリアルパーク千年希望の丘や昨年7月にまちびらきが行われた玉浦西地区を訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.2~ [PDFファイル/5.51MB]

Vol.2では、女川町を特集し、元ベガルタ仙台のサッカー選手の「千葉直樹」さんが女川駅前にある商店街や地元のクラブチーム(サッカー)を訪れた際の様子を掲載しています。

「NOW IS.」~Vol.1~ [PDFファイル/4.66MB]

Vol.1では、南三陸町を特集し、シンガーソングライターの「さとう宗幸」さんが南三陸さんさん商店街(仮設商店街)や南三陸病院を訪れた際の様子を掲載しています。

関連情報

「NOW IS.(ナウイズ)メールマガジン版」に登録いただくと、NOWIS.発行時にメールでお知らせを配信します。
登録はこちらから→http://www.pref.miyagi.jp/site/nowis-m/

平成27年度まで発行していた「みやぎ復興プレス」はこちらからご覧下さい。
http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/press.html

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)