ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
土木部に関連する防災協定

一般社団法人宮城県空調衛生工事業協会と防災協定を締結しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月19日更新

 宮城県と一般社団法人宮城県空調衛生工事業協会は,大規模災害時の応援に関する協定について協議を行ってきたところ,このたび双方合意に至り,下記により協定を締結しました。

1 協定書の名称

 大規模災害時における応急対策業務の応援に関する協定書

2 協定の目的

 宮城県内において大規模災害が発生した場合,県又は市町村が管理する施設の給排水設備,空調設備等建築設備の被害状況調査及び応急対策業務について,「一般社団法人宮城県空調衛生工事業協会」が以下の協力をするものです。

  • 県災害対策本部の応援要請に基づき,建築設備の被害状況調査を無償で実施
  • 県または市町村の費用負担による建築設備の配管損壊に伴う二次災害の防止,給水設備や排水設備の機能確保のための作業

3 調印相手先

   一般社団法人宮城県空調衛生工事業協会

4 調印年月日

   平成24年12月19日

(協定を締結して固い握手 左から三浦副知事,小野寺理事長)
(記念撮影)