ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

伝承サポーターの募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月24日更新

「3.11伝承・減災プロジェクト」伝承サポーター制度の創設

「伝承トライアングル」 同プロジェクトに賛同し,伝承・減災を後押しして頂ける方々を広く募集し「伝承サポーター」として認定します。企業,個人を問わずサポーターの立場でそれぞれの伝承・減災を進めて頂きます。

3.11伝承・減災プロジェクト(概要版) [PDFファイル/433KB]

 

 

 

 

伝承サポーター実施要領について【認定申込み方法】 

 東日本大震災に係る経験等を踏まえた震災伝承活動を支援することにより,今後発生するであろう災害から生命・財産を守り被災を減災させること及び防災意識の啓発を目的とし「伝承サポーター制度」を実施します。

伝承サポーター実施要領【全文】 [PDFファイル/173KB]

  • 平成28年度の募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
  • 引き続き,「自らが所有する建造物等に津波浸水表示板を設置していただける方」を伝承サポーターとし募集しておりますが,予算の関係で確実に設置できるか,いつ頃に設置できるかは未定です(表示板の設置にかかる費用は県が負担しますが,以後の管理等は申請者にて行っていただきます)。
  • ご興味がありましたら,まずは下記電話番号までお問い合わせ下さい。
  • 伝承サポーターの認定を希望する方には,上掲の実施要領にもとづき宮城県土木部防災砂防課に伝承サポーター認定申込書(様式第1号)を提出して頂きます。
    様式第1号 [PDFファイル/105KB]  /  様式第1号 [Wordファイル/22KB]
  • 申込書に必要事項を記載の上、防災砂防課あて郵送もしくは持参し提出してください。
  • ご不明な点がございましたら,下記電話番号までお問い合わせ下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)