ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

世界に向けて”津波浸水表示板設置事業”を発信しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月12日更新

第3回国連防災世界会議「東北防災・復興パビリオン」プレゼンテーションステージにて,発表を行いました。

内容

 平成27年3月14日(土曜日),第3回国連防災世界会議「東北防災・復興パビリオン」プレゼンテーションステージにて,仙台市若林区藤田町内会と共同で「津波浸水表示板設置事業について~3.11伝承・減災プロジェクト~」と題して発表を行いました。

 当日は逐次通訳も加わり,世界各国へ津波災害を後世へ伝承する活動を発信しました。

 

世界に向けて”津波浸水表示板設置事業”を発信しました

世界に向けて”津波浸水表示板設置事業”を発信しました [PDFファイル/170KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)