ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

コラム2/幼児教育アドバイザー派遣事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月29日更新

ぜひ,幼児教育アドバイザーを御活用ください!

幼児教育アドバイザーとは?

 宮城県教育委員会では,幼児期の教育・保育のさらなる質の向上に向け,幼児教育アドバイザー派遣事業を実施しています。

 幼児教育アドバイザーが,県内全ての幼児教育施設を対象に,園内研修のサポートや教育・保育への相談・助言等を行います。

 幼児教育アドバイザー派遣事業は,先生方の下図左のような声をもとに,開始した事業です。

幼児教育アドバイザーとは?

幼児教育アドバイザーは誰がなるの?

 幼稚園長,保育所長,認定こども園長,小学校長経験者の7名が,宮城県教育委員会から幼児教育アドバイザーとして委嘱されています。

県内の派遣状況は?

 平成30年度の派遣実績は14か所でした。

 市町村教育委員会が実施した研修会への派遣を行い,研修会後に次のような感想をいただきました。

幼児教育アドバイザー(市町村教育委員会)

 「保幼小の接続期について考える良いきっかけとなった。」
 「子供たちへの具体的な支援が理解できた。」
 「子供たちのために頑張ろうと改めて思った。」

 幼児教育施設への派遣では,ワークショップ型の研修会の依頼が多くみられました。

幼児教育アドバイザー(幼児教育関連施設)

 参加している皆さんが意欲的に研修会に臨んでいる姿が印象的でした。

幼児教育アドバイザーの派遣を依頼するには?

 原則として訪問希望日の3週間前までに,幼児教育アドバイザー派遣依頼書を宮城県教育庁教育企画室に提出してください。

 派遣依頼書に基づき,派遣依頼先,幼児教育アドバイザー,教育企画室職員が事前打合せを行った上で,訪問を実施します。

 訪問実施後,派遣依頼先は,幼児教育アドバイザー派遣報告書を教育企画室に提出してください。

 交通費や謝礼は不用です。派遣のための経費は一切かかりません。

 幼児教育アドバイザーを活用して,園・所,さらには地域全体で幼児期の教育・保育の質の向上を目指していきませんか?

 まずは,お気軽にお問合せください!

「学ぶ土台づくり」推進計画の取組でも紹介しています

「学ぶ土台づくり」 > 幼児教育アドバイザー派遣事業

    幼児教育アドバイザー派遣事業の御案内


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)