ここから本文です。

ワカメ養殖通報

第12報(最新)

概要(12月12日,13日,14日調査)

調査点における水温は,表層(0m)は12.1~13.7℃,10m層は12.7~13.6℃でした。

栄養塩のうち三態窒素については26~74㎍/Lであり,全ての調査点で20㎍/L以上でした。また,リン酸態リンについては6~20㎍/Lで,全ての調査点で3㎍/L以上でした。

気仙沼湾(杉ノ下)の表層平均水温については,12月中旬(15日まで)は平年より1.0℃高くなっています。なお,12月下旬は平年並と予測されます。

気仙沼湾(杉ノ下)の表層水温

直近(12月15日)の水温は13.2℃でした。

12月中旬(15日まで)は12.7℃で平年より1.0℃高い値でした。

今後の表層平均水温については,12月下旬は10.6℃(平年並)と予測されます。

各調査点の水温(℃),塩分,栄養塩等

 

気仙沼湾

岩井崎(12月14日)、水温:12.7℃(0m)、12.8℃(2.5m)、12.8℃(5m)、12.8℃(10m)、塩分:33.7(0m)、33.7(2.5m)、透明度:9.0m、栄養塩:35μg/L(0m)、35μg/L(2.5m)

大口(12月14日)、水温:12.6℃(0m)、12.6℃(2.5m)、12.5℃(5m)、塩分:33.7(0m)、33.6(2.5m)、透明度:7.0m、栄養塩:60μg/L(0m)、53μg/L(2.5m)

階上(12月14日)、水温:12.1℃(0m)、12.1℃(2.5m)、11.5℃(5m)、塩分:33.6(0m)、33.6(2.5m)、透明度:6.0m、栄養塩:51μg/L(0m)、50μg/L(2.5m)

松岩(12月14日)、水温:13.3℃(0m)、13.4℃(2.5m)、13.2℃(5m)、13.4℃(10m)、塩分:33.7(0m)、33.8(2.5m)、透明度:7.0m、栄養塩:74μg/L(0m)、62μg/L(2.5m)

小々汐(12月14日)、水温:12.9℃(0m)、12.9℃(2.5m)、12.9℃(5m)、13.1℃(10m)、塩分:33.6(2.5m)、透明度:5.0m、栄養塩:57μg/L(0m)、62μg/L(2.5m)

唐島(12月14日)、水温:13.7℃(0m)、13.7℃(2.5m)、13.7℃(5m)、13.6℃(10m)、塩分:34.0(0m)、34.0(2.5m)、透明度:13.0m、栄養塩:35μg/L(0m)、30μg/L(2.5m)

蔵内(12月12日)、水温:12.1℃(0m)、塩分:29.6(0m)、栄養塩:47μg/L(0m)

 

志津川湾

大森(12月12日)、水温:12.9℃(0m)、12.9℃(2.5m)、12.9℃(5m)、塩分:33.7(0m)、33.9(2.5m)、透明度:3.0m、栄養塩:32μg/L(0m)、57μg/L(2.5m)

荒島(12月12日)、水温:12.6℃(0m)、12.6℃(2.5m)、12.5℃(5m)、塩分:33.3(0m)、33.5(2.5m)、透明度:1.5m、栄養塩:53μg/L(0m)、43μg/L(2.5m)

野島(12月12日)、水温:13.4℃(0m)、13.4℃(2.5m)、13.3℃(5m)、13.2℃(10m)、塩分:34.2(0m)、34.0(2.5m)、透明度:6.0m、栄養塩:26μg/L(0m)、43μg/L(2.5m)

椿島(12月12日)、水温:12.1℃(0m)、12.1℃(2.5m)、12.0℃(5m)、塩分:33.2(0m)、33.4(2.5m)、透明度:3.0m、栄養塩:61μg/L(0m)、41μg/L(2.5m)

波伝谷(12月12日)、水温:12.2℃(0m)、12.2℃(2.5m)、12.4℃(5m)、13.1℃(10m)、塩分:33.2(0m)、33.4(2.5m)、透明度:2.5m、栄養塩:50μg/L(0m)、48μg/L(2.5m)

藤浜(12月12日)、水温:13.4℃(0m)、13.4℃(2.5m)、13.4℃(5m)、13.3℃(10m)、塩分:34.1(0m)、34.3(2.5m)、透明度:4.5m、栄養塩:29μg/L(0m)、44μg/L(2.5m)

寺浜(12月12日)、水温:13.5℃(0m)、13.5℃(2.5m)、13.5℃(5m)、13.4℃(10m)、塩分:33.5(0m)、33.7(2.5m)、栄養塩:42μg/L(0m)、31μg/L(2.5m)

小指(12月13日)、塩分:32.6(0m)、栄養塩:40μg/L(0m)

東北地方週間天気予報(令和3年12月6日10時38分仙台管区気象台発表)

予報期間12月17日から12月23日まで

向こう一週間は,気圧の谷や寒気の影響で曇る日が多く,日本海側を中心に雪または雨が降るでしょう。

最高気温は,17日は平年より高いですが,その後は平年並か平年より低く,期間のはじめはかなり低い日もある見込みです。

最低気温は,平年並か平年より低く,期間のはじめはかなり低い日もありますが,中頃は平年より高い所もあるでしょう。

なお,17日から18日にかけては,強い冬型の気圧配置となるため,日本海側で大荒れや大しけとなるおそれがあります。

 

今期の定期発行は本報で終了です。ご協力ありがとうございました。

令和3年度

令和2年度

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

お問い合わせ先

気仙沼水産試験場 

宮城県気仙沼市波路上岩井崎107

電話番号:0226-41-0652

ファックス番号:0226-41-0743

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は