ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ保健衛生統計平成30年医療施設動態調査

平成30年医療施設動態調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月30日更新

結果の概要

1 医療施設数

 宮城県の平成30年10月1日現在の病院数は139施設で,前年の140施設より1施設減少し,人口10万対施設数は6.0施設で前年の6.0施設から横ばいとなりました。
 一般診療所数は1,673施設で,前年の1,659施設より14施設増加し,人口10万対施設数は72.2施設で前年の71.4施設より0.8施設増加しました。
 歯科診療所数は1,066施設で,前年の1,064施設より2施設増加し,人口10万対施設数は46.0施設で前年の45.8施設より0.2施設増加しました。

人口10万対施設数の表
 宮城県(施設)全国(施設)
病院6.0施設6.6施設
一般診療所72.2施設80.8施設
歯科診療所46.0施設54.3施設

2 病床数

 平成30年10月1日現在の病院の病床数は25,463床で,前年の25,552床より89床減少し,人口10万対病床数は,1,099.4床で前年の1,100.0床より0.6床減少しました。
 一般診療所の病床数は1,587床で,前年の1,651床より64床減少し,人口10万対病床数は,68.5床で前年の71.1床より2.6床減少しました。
 病院の病床を種類別にみると,療養病床が3,429床で全体の13.5%,一般病床が15,788床で62.0%,精神病床が6,158床で24.2%となりました。

人口10万対病床数の表
 宮城県(床)全国(床)
病院 1,099.4床1,223.1床
一般診療所68.5床75.0床

3 前年との比較

注:小数点第1位の数値は,小数点第2位を四捨五入して表示している。

4 年次推移