ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉障がい者福祉障害福祉サービス障害福祉課障害のある人もない人も共生する社会づくり条例(仮称)検討会

障害のある人もない人も共生する社会づくり条例(仮称)検討会

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月18日更新

概要

 宮城県では,障害を理由とする差別の解消と,手話をはじめとする情報の取得や意思疎通支援などを主な内容とする「障害のある人もない人も共生する社会づくり条例(仮称)」の制定を目指し,身体,知的,精神などの障害当事者や,学識経験者等を構成員とした検討会を設置しました。

 検討会では,「障害のある人もない人も共生する社会づくり条例(仮称)」の構成や規定する内容について,条例の骨子(案)に基づく議題に沿って検討を行いました。

 令和2年1月23日に開催した第6回会議では,これまで意見聴取・意見交換した内容の確認を行い,令和2年2月10日にその概要について,検討会の座長から知事に報告しました。

検討会の様子

検討会の様子

報告書

開催要綱

会議の内容


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)