トップページ > MIYAGI+iRO 宮城十色 > 移住・定住 > 【移住】栗原市の“まちの食堂”で、仕事と子育てを両立する。/鈴木凱弥さん

掲載日:2021年10月28日

ここから本文です。

MIYAGI+iRO 宮城十色

【移住】栗原市の“まちの食堂”で、仕事と子育てを両立する。/鈴木凱弥さん

移住者インタビュー(鈴木凱弥さん)

仙台の料亭を退職し栗原市の家業を継いだ鈴木さんは、100年以上続く屋号「まるよ」の8代目として、大衆食堂の運営に従事。前職で培った日本料理の経験や、自身で運用するSNSでの発信を活かし、築館地区の「まるよ食堂」に新たな風を吹き込んでいます。また、奥さまと共に、二児の子育てにも奮闘中。都会での生活を離れ、Uターンして仕事と子育てを両立する鈴木さんにお話を伺いました。
詳しくは下記リンクからご覧ください。

仙台市からUターンし、家業を継承。栗原市の“まちの食堂”で、仕事と子育てを両立する。/鈴木凱弥さん(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

地域振興課移住定住推進班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
行政庁舎6階南側

電話番号:022-211-2454

ファックス番号:022-211-2442

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?