トップページ > くらし・環境 > 環境・エコ・エネルギー > 環境政策 > みやぎ型管理運営方式構築に向けて > 宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る事業費削減額について

掲載日:2021年6月7日

ここから本文です。

宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る事業費削減額について

宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に関する今後20年間における事業費削減額見込について資料を公表いたします。

図1には現行体制モデル、コンセッションモデル、優先交渉権者提案モデル別の総事業費見込額を、表1には削減額の算定結果を示しています。

  • 現行体制モデル
    現行の運営体制で、事業を継続した場合の推定事業費
  • コンセッションモデル
    コンセッション方式を導入した場合の期待事業費
  • 優先交渉権者提案モデル
    県が定める応募条件を満たした上での優先交渉権者の提案事業費

【図1 20年間の総事業費見込】

【表1 削減額の算定結果】

20年間の事業運営期間において、優先交渉権者提案モデルでは、現行体制モデルと比較して約337億円の事業費削減を予定しています。

主な提案内容としては、

  • ICT機器の導入や業務の効率化により、組織体制を最適化
  • 施設を消費電力が効率的なものに更新し、電力費を抑制
  • 設備の監視体制を強化することで異常を早期に検出し、効率的な維持修繕、設備更新

があります。

これらの提案により、事業費を削減する計画となっております。

削減額の詳細については、各資料をご確認ください。

(参考 優先交渉権者提案内容)

宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)に係る優先交渉権者(メタウォーターグループ)の提案内容について

お問い合わせ先

水道経営課水道経営改革推進班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3430

ファックス番号:022-211-3499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は