トップページ > 震災復興・伝承 > 伝承 > 震災伝承みやぎコンソーシアム > 「震災伝承広報支援補助金」について

ここから本文です。

震災伝承広報支援補助金

1目的

宮城県では,東日本大震災の記憶と教訓を伝え継ぐため,みやぎ東日本大震災津波伝承館の機能強化を図ることを目的に,県内伝承団体等が伝承館に配架するチラシ,冊子等印刷物の作成経費を補助します。

2事業概要

(1)期間

令和4年7月11日(月曜日)から令和5年3月20日(月曜日)までの該当する事業(予算がなくなり次第終了)

(2)補助対象経費

震災伝承活動に関する印刷物のうち,みやぎ東日本大震災津波伝承館へ配架・掲示する冊数分の諸経費

(3)補助金額

上限10万円

(4)補助率

補助対象経費の50%

(5)補助対象者

県内に所在し,震災伝承活動を行う個人又は団体

3事業の流れ・申請方法等

事業の流れ

(1)必要書類を提出してください。

(2)内容を審査し,採択の可否を通知します。

(3)事業を実施。変更等があった場合は変更申請等を行ってください。

(4)事業終了後,事業報告書等の必要書類を提出してください。

(5)事業報告書の内容を確認し,補助金額を確定後,補助金を支給します。

(6)詳しくは,下記「震災伝承広報支援補助金交付要綱」を御確認ください。

震災伝承広報支援補助金交付要綱(PDF:171KB)(別ウィンドウで開きます)

 

申請時に必要なもの

申請書(様式第1号)(ワード:19KB)

事業計画書(様式第2号)(エクセル:33KB)

見積書(任意様式)

団体の概要がわかるもの※団体の場合のみ(任意様式)

これまでの活動がわかるもの(チラシ,パンフレット,WEBサイト等)

事業内容に変更等が生じた時必要なもの

変更申請書(ワード:20KB)

中止申請書(ワード:20KB)

報告時に必要なもの

事業実績報告書(様式第5号)(ワード:20KB)

収支決算書(様式第6号)(エクセル:34KB)

請求書及び領収書等支出の内訳がわかるもの

制作物(写しでも可)

請求時に必要なもの

請求書(ワード:20KB)

4申請先・問い合わせ先

申請先

〒981-8570

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
行政庁舎6階復興支援・伝承課震災伝承班

電話番号:022-211-2443

ファックス番号:022-263-9636

お問い合わせ

月~金曜日(祝日及び年末年始は除く)

【午前】8時30分から正午まで【午後】1時から5時15分まで

お問い合わせ先

復興支援・伝承課震災伝承班 窓口:福山

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
行政庁舎6階

電話番号:022-211-2443

ファックス番号:022-263-9636

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は