ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第3期(佐沼工区)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月30日更新

第3期(佐沼工区)の事業概要

事業概要

みやぎ県北高速幹線道路3期(佐沼工区)は三陸自動車道登米I.C.から中田工区を経由して登米市迫町舟橋を結ぶ復興支援道路です。

佐沼工区 概要

位置図

佐沼工区 位置図

横断箇所

佐沼工区 横断箇所

第3期(佐沼工区)の平面計画について

  • 3期(佐沼工区)は第3種第2級の地域高規格道路として整備します。
  • 車線数は片側1車線、設計速度は60km/hとして計画しています。
  • 地域高規格道路として、安全かつ円滑な通行機能を確保するため、歩行者・自転車・農耕用トラクター等の出入りを規制します。
  • 本線横断の際は、交通安全上の観点から横断ボックスを利用して頂きます。

佐沼工区 計画平面図1

起点部付近

 

佐沼工区 計画平面図2

市道中沢線付近

 

佐沼工区 計画平面図3 

紫雲山付近

 

佐沼工区 計画平面図4

橋梁区間(荒川・迫川)

 

佐沼工区 計画平面図5

市道細谷旧堤線付近

 

佐沼工区 計画平面図6

市道新境堀4号線付近

 

佐沼工区 計画平面図7

市道北方中田線付近

 

佐沼工区 計画平面図8

終点部付近

横断構成について

  • 幅員は8.50mになります。
  • 交通安全上の配慮により、非常駐車帯を概ね500mに一箇所設置します。

佐沼工区 計画横断図

佐沼工区標準横断図

 

佐沼工区 標準横断図(橋梁部)

橋梁部標準横断図

非常駐車帯の設置について

  • 故障車による本線の交通への影響を低減させるため、盛土部に非常駐車帯を設置します。
  • 非常駐車帯の設置間隔は概ね500mとし、下図のとおり設置します。

佐沼工区 非常駐車帯