ここから本文です。

宮城県保健環境センター評価委員会

制度の概要

保健環境センターは,県民の安全で快適な暮らしを守るため,試験研究機関として,調査研究や常時監視業務などを行っています。

センターが行う業務への県民の理解を促進し,効率的で効果的な試験研究体制の整備・運営を図るため,センターの組織全般や研究課題に関し自己評価を実施するとともに,その評価の客観性,公正さ,信頼性を確保するため,有識者などによる外部評価制度を平成17年度から導入しています。

評価の種類

評価は,「機関評価」と「課題評価」に大別されます。

  1. センター全般の評価(機関評価)
    運営,業務,調査研究・試験検査体制,調査研究等成果,施設整備等について評価を行います。
  2. センターにおける研究課題の評価(課題評価)
    重点的な調査研究課題について評価を行います。

評価の方法

  1. 自己評価の実施
    県が自ら行う自己評価は,「宮城県保健環境センター評価実施要綱」に基づき行われます。
    宮城県保健環境センター評価実施要綱(PDF:221KB)
  2. 外部評価の実施
    「保健環境センター評価委員会条例」に基づき,有識者などによる評価委員会を設置し,県が自ら行った自己評価を調査審議します。その評価結果についてはその都度公表します。
    保健環境センター評価委員会条例(PDF:15KB)

評価委員会での審議状況

評価委員会1 評価委員会2

これまでの評価結果

お問い合わせ先

保健環境センター企画総務部(企画)

宮城県仙台市宮城野区幸町四丁目7-2

電話番号:022-352-3862

ファックス番号:022-352-3866

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は