ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第三セクター等の経営健全化の取組について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月5日更新
  1. 第三セクター等の経営健全化の取組について
  2. 第三セクター等の状況に関する調査
  3. 【参考】第三セクター等に関する指針(総務省)

 

第三セクター等の経営健全化の取組について

第三セクター等の経営健全化の取組について

 公共性と企業性を併せ持つ第三セクター等は,地域住民の暮らしを支える事業を行う重要な役割を担う一方で、経営が著しく悪化した場合には,県の財政に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。
 このたび,県が出資する下記の2団体について,「第三セクター等の経営健全化の方針の策定について(平成30年2月20日付け総財公第26号総務省自治財政局公営企業課長通知)」 [PDFファイル/411KB]に基づき,宮城県公社等外郭団体経営評価委員会において審議の上,第三セクター等経営健全化方針を策定しましたので,公表します。

経営健全化方針について
団体名(団体HPへリンク)経営健全化方針
(主務課HPへリンク)
【参考】
県出資額
(県出資割合) 
県主務課
仙台空港鉄道株式会社仙台空港鉄道(株)経営健全化方針3,769,000千円
(52.9%)
土木部
空港臨空地域課
(一財)みやぎ建設総合センター(一財)みやぎ建設総合センター経営健全化方針150,000千円
(46.2%)

土木部
事業管理課

 

第三セクター等の状況に関する調査

 平成30年度調査結果

 総務省において平成30年3月31日時点における第三セクター等の状況について調査し,その結果が公表されましたので,宮城県分を公表いたします。

平成29年度調査結果

 総務省において平成29年3月31日時点における第三セクター等の状況について調査し,その結果が公表されましたので,宮城県分を公表いたします。

平成28年度調査結果

 総務省において平成28年3月31日時点における第三セクター等の状況について調査し,その結果が公表されましたので,宮城県分を公表いたします。

 

 

参考:旧指針


◎その他,第三セクターの抜本的改革に関するQ&Aや最新の取組み事例等は総務省ホームページをご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)