ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴ライブハウス関係者との意見交換会について(食と暮らしの安全推進課)

ライブハウス関係者との意見交換会について(食と暮らしの安全推進課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月8日更新
担当課
記者発表資料

令和2年6月8日
食と暮らしの安全推進課
内線022-211-2640
担当:小林

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

ライブハウス関係者との意見交換会について

5月25日に新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国的に解除され,今後は,一定の移行期間を設け,外出の自粛や施設の使用制限の要請等を緩和しつつ,段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていくこととなります。

そのため,事業者において,業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドライン等に基づく対策が実践されることも重要です。

特に,クラスターが発生する危険性が高い施設として指摘されているライブハウスについては,対応が最も困難な施設の一つです。

そこで,ライブハウスを再開するに当たり,関係者有志が県からの助言も踏まえ,ガイドラインの案を策定しました。

また,県では,万が一施設でクラスターが発生した場合に,その情報を迅速に,当日その施設にいた方々にお知らせするための「みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)」を開発し,無償で提供しています。

本会議では,県から,MICAの活用状況等について説明するとともに,ライブハウス側からは,策定したガイドラインの案等ついて説明があり,それらに係る意見交換等を行います。

1 日時等  

 日時:令和2年6月10日 水曜日 16時:00分から16時:45分

 場所:特別会議室

2 出席予定者  

ライブハウス関係者:株式会社ギグス 高橋取締役会長 

             株式会社マカナ 佐藤代表取締役社長 外

宮城県        :村井知事 外

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。