ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
農政部関係記者発表資料

豚熱(CSF)ワクチン接種推奨地域への指定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月11日更新
記者発表資料

令和2年9月11日
(窓口)
宮城県農政部畜産課
担当:西・山田 
(022-211-2854)

記者発表資料

 福島県会津若松市における死亡野生いのししでのCSF感染確認を受け,9月11日(金曜日)開催の食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会牛豚等疾病小委員会において,本県及び山形県が新たにCSFワクチン接種推奨地域に指定されました。

 この指定を受けて,県内で飼育されるすべての豚(153農場 約20万頭)に対するワクチン接種を9月中に開始できるよう,県としては,早急にワクチン接種プログラムを作成し,農林水産省,養豚農家の皆様との調整等を進めていきます。

 

【ワクチン接種に向けた手続き】

 (1)県によるワクチン接種プログラム作成

 (2)国によるプログラム承認

 (3)ワクチン接種に係る説明会 

 (4)説明会終了後,ワクチン接種開始

 

 

 

●CSFは,豚,いのししの病気であり,人には感染しません。

●CSFワクチンを接種した豚の肉を食べても,人の健康に影響はありません。

●報道機関の皆様におかれましては,養豚農場での取材は,本病のまん延を引き起こす恐れがあることから,

 厳に慎むようご協力をお願いします。