ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
農政部関係記者発表資料

宮城県内の穀類の放射能測定結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月17日更新
担当課
記者発表資料

令和2年6月17

農政部みやぎ米推進課

環境対策班

日下部,伊藤,荒井

(内線2845)

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

 

宮城県内で採取した穀類について,下記のとおり放射能測定を実施しましたので,その結果をお知らせします。

1 測定年月日

 令和2年6月11日~6月16日

2 測定機関

 分析機関 : 一般財団法人 新潟県環境分析センター

 分析機器 : ゲルマニウム半導体検出器

3 測定結果

 麦類3点の検査を実施し,すべて基準値以下で,安全性に問題がないことが確認されました。

 この結果をもって,以下のとおり販売が可能となります。

 

 

【今回出荷・販売等が可能となった地域(圏域)及び品目】
圏域該当する市町村種別
仙南圏

白石市,角田市,蔵王町,七ヶ宿町,大河原町,村田町,柴田町,川崎町,丸森町

麦類六条大麦
仙台圏仙台市,塩竈市,名取市,多賀城市,岩沼市,富谷市,亘理町,山元町,松島町,七ヶ浜町,利府町,大和町,大郷町,大衡村
石巻圏

石巻市,東松島市,女川町

 

 プレスリリース資料(6月17日発表) [PDFファイル/183KB]


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)