ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > 栗原市で産出された「くさそてつ(こごみ)」の出荷制限解除について(林業振興課)

栗原市で産出された「くさそてつ(こごみ)」の出荷制限解除について(林業振興課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月13日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成30年11月13日
林業振興課地域林業振興班班
担当:大類,前山
内線:2914

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-2912(4桁が内線番号)となります。

くさそてつ(こごみ)の出荷制限解除について
 (栗 原 市)                  

 原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156号)第20条第2項の規定により,平成24年4月27日付けで原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)から,出荷制限が指示されていた栗原市で産出された「くさそてつ(こごみ)」について,平成30年11月13日に,出荷制限が解除されましたので,お知らせします。

1 出荷制限解除の対象

 宮城県栗原市において産出されたくさそてつ(こごみ)

2 経緯及び解除申請の理由

(1) 平成24年4月24日に,栗原市のくさそてつ(こごみ)のモニタリング検査を実施した結果,食品の基準値を超える放射性セシウム(110Bq/kg,240Bq/kg)が検出されたため,同年4月27日に出荷制限が指示された。
(2)平成29年春~30年春に,同市内の生育地から満遍なく検体を採取し93検体の検査を実施した結果,平均15Bq/kgであり,同市内のくさそてつ(こごみ)の放射性物質濃度が低下傾向・低水準であることを確認することができた。
 

3 解除後の検査計画及び出荷管理等

(1) 県は,採取・出荷者台帳を作成し,採取者と販売先を把握するとともに,採取・出荷者 に対し,出荷する際は,(1)採取市町,(2)採取・出荷者名を明示するよう指導する。
(2) 流通業者(直売所,JA,市場,)等に対し,採取出荷者情報を周知するとともに,栗原 市と連携して巡回指導を実施する。
(3) 県は,出荷前には栗原市内から採取した3検体以上の検査するとともに,出荷期間中に 栗原市内で週1回程度1検体の定期的検査を実施する。
 

4 参考

(1) くさそてつ(こごみ)の出荷制限の状況

        無し

(2) くさそてつ(こごみ)の出荷制限解除の状況

     平成27年  5月25日   加美町
     平成27年  6月23日   大崎市(栽培くさそてつ(こごみ))
     平成29年  5月23日   大崎市(野生くさそてつ(こごみ))
     平成29年  7月24日   気仙沼市
     平成30年11月13日   栗原市
 

(3) 出荷制限解除の仕組み

          市町村又は旧市町村単位で出荷制限解除の申請を行い,制限解除が指示される。

 

 

 ※ 平成30年11月13日現在の宮城県内の出荷制限の出荷制限品目及び出荷自粛品目に ついては,別紙のとおりです。

   出荷制限及び自粛の状況 [PDFファイル/104KB] 

 

 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-2912(末尾の4桁が内線番号)となります。