ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴「宮城県災害派遣福祉チーム(DWAT)」の派遣について(社会福祉課)

「宮城県災害派遣福祉チーム(DWAT)」の派遣について(社会福祉課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月24日更新

 

このリリースの担当課(所)

記者発表資料


令和元年10月24日
社会福祉課地域福祉推進班
担当 千葉・髙橋(内線2519)
e-mail:syahukc@pref.miyagi.lg.jp

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

「宮城県災害派遣福祉チーム(DWAT)」の派遣について

 宮城県,宮城県社会福祉協議会,市町村,福祉関係団体等56団体で構成する「宮城県災害福祉広域支援ネットワーク」では,県内で初めて「宮城県災害派遣福祉チーム(DWAT)」を派遣します。

 DWATは福祉・介護専門職等により構成され,避難所,福祉避難所等において高齢者等の方に福祉的な支援を行うものです。


 下記により出発式を行いますので,報道機関の皆さまにおかれましては,ぜひ取材してくださるようお願いします。 

1 日 時  令和元年10月25日(金曜日) 午後5時30分から

2 場所  宮城県自治会館3階 県社会福祉協議会北会議室

3 出席者  宮城県保健福祉部長(予定),宮城県社会福祉協議会会長(予定),派遣者6人

4 派遣先  大崎市(指定避難所:旧鹿島台第二小学校)

5 派遣期間 令和元年10月26日(土曜日)から30日(水曜日)まで(5日間)

 

〔参考〕宮城県における災害派遣福祉チーム(DWAT)の取組状況

 東日本大震災時,福祉・介護専門職の派遣の仕組みがなく,高齢者などに対して福祉的な支援を効果的に実施できなかったという課題を踏まえ,災害発生時に行政と福祉団体等が連携し,避難所等において福祉的な支援を行うための災害派遣福祉チーム(DWAT)の派遣などの福祉支援ネットワークの構築を進めてきました。

 平成25年から 災害福祉広域ネットワークの構築に向けたセミナー等を実施

 平成29年7月 「宮城県災害福祉広域支援ネットワーク協議会」設立
          県,宮城県社会福祉協議会,市町村,福祉関係団体等56団体

 平成31年2月 「宮城県災害福祉派遣チーム設置運営要領」制定
          この要領に基づき,災害派遣福祉チーム(DWAT)への職員派遣について,県,ネットワーク協議会,法人等の3者で協定締結。


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。